山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

コロナ予防  (2020年9月18日)


『茶カテキン類有効か。コロナ予防研究着手』
『京都府茶業研究所と京大が共同で』(京都新聞)



健康に良い飲み物の代表であるお茶。
お茶は、コロナ予防にも効果があるのではないか。
来年3月までに、良い結果が出ることを期待しています。
私も学生時代は、京大工学部大学院で、日夜、食品や薬に関係する酵母菌の研究をしていましたので、今回の研究には、特に関心があります。
京大と京都府茶業研究所の研究結果が待ち遠しいです。


非正規雇用の方々が休業や解雇 (2020年9月17日)


初めて国会議事堂前からの報告(三脚を使い自撮り)。
国会で役所からのヒアリングしたところによれば、自殺者(8月)が昨年より246人急増。
特に、20代や30代の若い女性の自殺が増加。
家庭や仕事の悩みが主な原因。
コロナの影響もあるのではないか、とのこと。
コロナ不況では、非正規雇用の方々が休業や解雇に追い込まれ、その多くが女性です。
今の政府のコロナ対策では、非正規雇用の方々は守られませんし、正社員で仕事を失う方も急増。
なのに、国会は3日間開くだけで、コロナ対策の国会審議はゼロ!で、あす閉会。
次の国会開会は、1か月後ではないか?
あるいは、このまま衆議院解散では?というウワサも。
コロナ対策をこれ以上、後回しにするのは問題です。
与野党協力して、コロナ対策を進めましょう!

2020/9/17 京都新聞


【お知らせ】やまのい和則と語る会 5ケ所で開催します


玉兎(たまうさぎ)  (2020年9月16日)


3か月ぶりに国会が開会。
しかし、菅首相を選んだだけで、18日(金)に国会は閉会予定。
私たちは『引き続き、来週以降も、国会を開き、コロナ対策を審議し、早急に追加の経済対策などに予算を上積みすべき!』と強く要求。
菅政権は『仕事師内閣』と、P Rしながら、全くコロナ対策の審議も予算上積みもしないのは怠慢です。
これでは『仕事師内閣』でなく、『仕事しない内閣』です。
野党もコロナ対策には協力します。
1日も早く国会を開き、菅首相のコロナ対策を訴え、予算を上積みすべきです。
コロナ不況で国民が苦しんでいるのに、国会が3か月以上、開かれないのは以上です。
ちなみに、私は民主党政権で、東日本大震災の際に、国会対策副委員長でしたが、8月末まで国会を開き続け、震災復興支援の第三次補正予算まで成立させました。
リーマンショック以上のコロナ不況なのに、国会が3か月以上も閉会しまま、というのは、問題です。



『玉兎(たまうさぎ)』を初めて飲みました。
美味しいです。
玉兎は、玉露100%の瓶入り宇治茶ドリンク。
京都府茶協同組合による生産。
瓶入りなので、いつでもどこでも玉露が気軽に飲めます。
主にホテルや飲食店を対象に売られていますが、今後、気軽に飲めるノンアルコール飲料としての普及が期待されます。


【コロナ】休業支援金の受け取り 事業主負担ゼロ (2020年9月15日)


東京の感染者は191人。
昨日より倍増。
この1週間、東京では少しずつ感染者が増加。
規制はどんどん緩和され、収束ではなく、感染が再拡大するのではないか?
心配です。
今日は、国民民主党と立憲民主党の合流新党の大会。
私は、引き続き、国会対策筆頭副委員長に留任。
2010年から10年間、私はずっと国会対策の担当。
政策調査会と連携しながら、困ってる方々を支援する法律や予算を成立させ、コロナ対策への経済対策などを進める国会運営の裏方をするのが『国対』です。
地味な仕事ですが、苦しんでおられる国民を支援する仕事ができる役職です。
コロナが長引き、コロナ不況が深刻化しています。
国民の皆様の幸せのため、全力で働かせて頂きます。



吉報!
『60万円の休業支援金!の受け取り』
私が制度づくりにかかわった『休業支援金』が、京都の飲食店の従業員さんに支給されました。
コロナで3ヶ月、お店が休業になり、休業手当は無かったが、このたび休業支援金を申請し、1人60万円(20万円3ヶ月分)を7人が受け取られました。
休業支援金は、給料の8割補償。
お店の店長さんに理解があり、休業を認める申請書に記入して下さったため、2週間で支援金が支給。
しかし、朝日新聞(9月11日、神奈川版)『コロナ休業支援金、届かない』にあるように、店長や事業主が『休業させた』と認めないと、お店や会社が休みであっても、休業支援金は得られません。
そこで、店長さんや事業主の方にお願いです。
もしコロナで休業して、休業手当を払っておられなかったら、この休業支援金をご利用下さい。
事業主の負担はゼロで、全額、国の負担で、賃金の8割が支給されます。
中小企業の従業員の方も、『仕事がコロナで休みになったのに、休業手当をもらっていない』という方がおられたら、休業支援金がもらえる可能性があります。



↑ 詳細は、上記画面をクリック下さい。


【コロナ】学生支援 (2020年9月15日)


吉報!
『ほぼ全ての大学で、対面授業』
『後期授業の19%が全面対面授業。80%が対面授業とオンラインの併用』
やっと、大学生が秋から大学に行き、大学で学べます。
これまで文科省に『秋から大学生が大学で学べるように!』と強く要望を続け、コロナ対策の750億円の私学助成金を9月に前倒し交付させました。



しかし、コロナによりアルバイトができず、経済的に苦しく、退学を検討する学生が1割もおられます。
学費や下宿代の支払いが苦しく、食事は、大学から支給の『そうめん』のみ。
そんな大学生の姿がニュース(3分)で報道されました。
私も5月に議員立法『コロナ困窮学生支援法案』を作成し、国会提出し、その結果、政府の『学生支援緊急給付金』がスタート。
しかし、要件や上限額が厳しく、救われない学生が多数おられます。
秋から大学に通えるようになっても、アルバイトがなく、経済的理由で、中退する学生が増えたら大変です。
経済的に厳しい学生の支援に頑張ります。


JR加茂駅  (2020年9月14日)



心配なデータです。
グラフのように、8月ずっと減ってきた東京の感染者(1週間ごと)が、先週、再び増加。
実効再生産数(1を超えると感染拡大期)も、東京は1.48。
今日以降、数日の増減が重要です。
なお、京都南部では、この週末は5人の感染者。
12日(土)は、宇治の50代女性、京田辺の20代女性。
13日(日)は、木津川の20代男性、宇治の90代男女。
残暑厳しき折、皆様、ご自愛下さい。

山本府議、炭本範子市議、河口靖子副議長と共に


今朝は、6時半からJR加茂駅で駅立ち。
山本府議は、コロナ対策の京都府の取り組みを訴え、
炭本範子市議は『恭仁京跡の歴史公園の整備や、みかのはら地域への移住の誘致』を訴え、
河口靖子副議長は『8050の、ひきこもりの方々の支援や、コロナの現状での公共施設利用』について訴え。
私は、素晴らしい加茂地域の観光振興や、進む加茂地域の高齢化への対応について訴えました。


今日、菅総裁が選出され、16日(水)には菅首相が誕生します。
しかし今週、国会は3日間開くだけで、閉会予定です。
来週も引き続き、国会を開いて、コロナ対策を審議し、追加の経済対策や感染防止策に、予算を早急につけるべきです。
多くの国民がコロナで苦しむ緊急事態です。
与野党協力し、早急に、コロナ対策を前進させたい。
すでに、3か月、国会は閉会されています。
これ以上のコロナ対策の停滞は許されません。


【コロナ】第3波の危険性  (2020年9月13日)


『第3波の危険性?』
今日も地元のお店の方々から『観光客が昨年の半分以下』
『外国人観光客に戻ってきてほしい』
『コロナが来年まで長引いたら、会社は持たない』など、切実な声を聞きました。
今日の東京の感染者146人は1週間前より30人増。
この1週間では、その前の週より114人増。
さらに、東京の実効再生産数(1を超えると感染拡大期)は1.48に上昇。
今週の状況によりますが、東京が再び感染拡大する『第3波』の可能性がゼロではないです。
東京が感染拡大したら、再び日本全体に感染拡大します。
東京から他府県への移動が解禁され、gotoトラベルの東京除外も解除されます。
再び東京から全国に感染拡大しないようにせねばなりません。


10/1から東京もGOTOトラベルの対象に・・・ (2020年9月12日) 


今日は、宇治茶の会社から『売り上げが昨年の半減。大変困っている』と、持続化給付金や家賃支援金の相談を受けました。
東京は、10月1日からGOTOトラベルの対象になる、とのこと。
しかし、今日の東京の新規感染者は、226人で、1週間前より45人増加。
これで、4日連続、1週間前より感染者が増加。東京は、再び増加するのではないか、と心配です。
経済を進めるためにも、感染防止対策の徹底が必要です。


【精華町】JR下狛駅  (2020年9月11日)


今朝は、6時半からJR下狛駅で通算1338回目の駅立ち。
チラシを受け取って下さった高校生から『頑張って下さい!』と声をかけて頂き、感激。
また、国道の信号待ちの車から声をかけて下さったのは、私が議員になる前に勤務していた京都ボランティア協会での仲間でした。
20年ぶりの再会。
山本あつし府議は『コロナ対策の慰労金5万円支給が遅いのは問題。スピーディーな支給が必要』と訴えました。
コロナ対策の予算、予備費の協議があるため、いま国会に向かってます。

 山本あつし府議と共に

野党は、コロナによる景気後退を打開するため、時限的に消費税0%への減税を主張。
しかし、菅首相になれば、消費税増税かもしれません。
このコロナ被害の中、消費税増税を発言するのはおかしいです。
昨日は、宇治で80代男性、京田辺で60代女性が感染。
残暑とコロナにお気をつけ下さい。