山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

今月の『山井和則と語る会(久御山町、精華町、井手町、宇治田原町、南山城村、笠置町、和束町)』は、延期します 


今月5月22日、23日、29日に地元7ヶ所で開催を予定しておりました、「やまのい和則と語る会」ですが、緊急事態宣言の期間が延長され、感染の拡大が心配される状況下にあるため、大変残念ですが、延期させて頂くことにいたしました。
ご予定してくださった皆様には、大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
延期後の日程につきましては、決まり次第、改めてご連絡させて頂きます。
なお、オンライン国政報告会「やまのい和則と語る会」は、不定期ですが土曜か日曜に開催しています。
お困りのこと等ございましたら、お気軽にご参加いただき、コメントをお寄せ頂けましたら幸いです。
前半、国政報告をさせていただき、後半、皆さまからのご質問にお答えしています。


『高齢者医療窓口負担の2割引き上げ法案』の強行採決はやめるべき! (2021年5月7日)



『高齢者医療窓口負担の2割引き上げ法案』の強行採決はやめるべき!
コロナにより、多くの高齢者が亡くなり、医療崩壊が深刻化する真っ最中に、75才以上医療負担2割引き上げ法案』の強行採決など、あり得ません。
政府は、コロナ対策、ワクチン接種、人命救助に全力集中すべきです。
ちなみに、私たちも対案を提出し、一部の高所得の75才以上高齢者の保険料負担引き上げと公費負担により財源を確保し、窓口負担2割引き上げはやめて、現役世代の負担軽減を政府案と同様に行う案です。
今回の2割負担引き上げは、最初は、年収200万円以上だけが対象ですが、いずれ国民年金受給者も2割負担になる可能性があります。
コロナ報道一色で、ほとんどマスコミに報道されませんが、大問題です。


オリンピック 中止の声 (2021年5月6日)



国会からの帰りに、スーパーで夕食を買い、議員宿舎で『黙食』
楽しみは、週末に入手した新茶。
一服、飲みました。
驚きの美味しさ。
茶葉も美しい。
ぜひ、急須で新茶を飲んでみて下さい。
ぬるい少量のお湯で、濃く淹れると、特に美味しいです。



『国民の命と暮らしを守るため!』菅首相に直訴します!
『オリンピック開催は、無理ではないか?』
『看護師や医師は、オリンピックでなく、ワクチン接種や医療現場に派遣すべき!』
『商店、中小企業、生活困窮者への経済支援をすぐにやるべき!』
『オリンピックより、国民の命と暮らしを守ることに全力集中すべき!』


子どもの日 (2021年5月5日) 



『コロナにより、ひとり親家庭の子どもの10%が体重減少』
ひとり親家庭のお母さんは、半数以上が非正規雇用で、コロナの直撃。
仕事が減ったり無くなったり、そのため、空腹に苦しむ子どもたちが急増。
支援策として、夏か秋に再び、ふたり親家庭を含む低所得の子育て家庭に給付金を出す必要があります。
5月か6月には、私が1月に提案した『給付金(子ども1人5万円)』が支給されますが、それだけでは足りません。
夏か秋に再度、支給が必要です。
子どもたちを空腹にさせないのは、私たち大人の責任です。



和束町で『和束茶』の新茶を一服、頂きました。
『新茶を飲めば、長生きができる』と言われます。
新茶は香りも良く、たくさん買いました。
しかし、茶農家の方々からは、『コロナや気候の影響で、収穫量や売れ行きはここ数年で一番厳しい』と切実な声。
茶業への支援を先週、葉梨農水副大臣に面会し、申し入れました。
京都府立医大の最新研究では、『お茶のカテキンはコロナウイルスを弱める』ことが明らかになりました。
ただし、これは試験管内の実験であり、人間の実験ではありません。
急須で新茶を飲み、健康を維持しましょう。


認知症高齢者が、家族同意でワクチン接種が可能に! (2021年5月4日)


厚労省は、通知を新たに出し、意思表示できない認知症高齢者も、家族同意で、ワクチン接種できるようになりました。
『これで、うちの老人ホームでも大多数の高齢者にワクチンが打てる』
『うちのおばあちゃんもワクチンが打てる』と喜びの声が上がっています。
今まで厚労省は、『家族同意ではダメ』との見解でしたが、少し柔軟になりました。
この通知が無ければ『意思表示できない半数の高齢者にはワクチンが打てない』という老人ホームもあり、深刻な問題でした。
しかし、あくまでも本人の意思をくみとったご家族が『ワクチンは打たない』と言えば、ワクチンは打たなくてよいです。
政治の使命は、命を救うことです。
この通知により、1人でも多くの認知症高齢者の命が救われることを祈ります。



1年ぶりに実家のポコちゃんの写真と再会。
コロナ感染防止のため、近所の実家に行けな状況が、1年以上になり、ポコちゃんにも会えません。
写真を送ってもらい、1年ぶりにポコちゃんと再会。
しかし、ポコちゃんは、元気が無さそう。
ちなみに、ポコちゃんは、産まれてすぐに公園に捨てられていたのを、両親が拾ってきましたが、のちに、獣医師さんの診断により、全盲であることが明らかになりました。
この写真も目は開いているのですが、昼寝中なのです。


新茶 宇治茶 (2021年5月3日)




今日も茶工場を訪問。
出来たての新茶を一服、頂きました。
まろやかな優しい美味しさ。
新茶は特に美味しい。



茶農家の方々の家族総出の懸命のお仕事に感動しました。
『コロナで、今年は昨年以上に厳しい。昨年のお茶の在庫がまだ多く残っているので、売れ行きが心配』との切実な話をお聞きしました。
新茶を飲めば、1年間、無病息災に過ごせる』と言われます。
人間の実験はまだありませんが、試験管の中の実験では、緑茶のカテキンがコロナウイルスを弱らせるという結果も出ています。


フェアフィールドホテル (2021年5月2日)



京都南部のワクチン接種情報と相談ダイヤル。
今朝の京都新聞より。
京都南部では、高齢者のワクチン接種は、7月末に完了という自治体と、8月末までに完了という自治体があります。
ただし、これは、65歳以上の高齢者の7割が接種を希望した場合という前提です。
接種の希望者が7割より少なければ、早く完了しますし、多ければ、完了は遅くなります。
7割より多いか少ないか、皆さん、いかが思われますか?
接種がより早く進むように、国からの財政支援などを頑張ります!



道の駅『みなみやましろ村』に行きました。
待ちに待ったフェアフィールドホテルも道の駅の隣にオープンしたので、拝見しました。
素晴らしいホテルです。
感染防止に気をつけて、短時間で、新茶や新鮮な野菜を買い、ほうじ茶アイスを食べました。
美味しかったです。



茶工場を訪問し、新茶を食べました。
美味しいお茶に仕上げるため、必死に作業をされる姿に感動しました。
初めて、新茶を食べさせて頂きました。
とても香りが良く、甘くて、うまみがあり、美味しかったです。


八十八夜 (2021年5月1日)


今日は、八十八夜。
美味しい新茶を、一服、頂きました。
新茶は、特に、美味しく、健康に良いです。
新茶には、テアニン(アミノ酸)が豊富で、リラックス効果や睡眠改善の効果が高いです。


『子どもたちの声を精華町に届けたい!』
スーパーの前で、大野みどりさんがスピーチ。
昨日、大野さんは長年、勤務した幼稚園を辞め、子どもたちとお別れをされました。
今日からは、子どもたちを愛する気持ちをマイクで訴えておられます。
感染防止のため、スーパーから少し離れた場所から、大野さんと山本あつし府議と私がスピーチをしました。
大野さんが幼稚園を辞められたように、私も20数年前、政治活動に入る際に、当時、専任講師をしていた奈良女子大学で、最後の授業で、『この授業を最後に大学を辞めます』と言ったら、終わってから、数人の学生さんが、『なんで、辞めるんですか?』と教壇に来られたので、『これからは、福祉を教えるのでなく、福祉の予算を増やすために戦います!』と思いを語りました。
大野さんも、子どもたちの幸せのため、幼稚園教諭、保育士と違う立場で、今まで以上に活躍して頂きたいです。


納豆ラーメン (2021年4月30日)



先日、議員宿舎の近所の『天下一品赤坂店』で、名物の『納豆ラーメン』を黙食。
こってりスープに、ねばねば納豆。
さすがに、混ぜずに、別々に食べました。
京都では、『納豆ラーメン』は、見かけません。


緊急事態宣言による4月、5月の大幅減収に対する『月次支援金』(2021年4月29日)

月次支援金とは?

『一時支援金の4月、5月版がスタート』
京都での緊急事態宣言による4月、5月の大幅減収に対し、『月次支援金』が経産省から発表されました。
1月から3月までの『一時支援金』の4月、5月版です。
一時支援金をもらえる事業者の方が、4月、5月にも昨年か一昨年の同月比で売上げ半減以下なら対象になり、上限で月20万円(法人)、月10万円(個人事業主)が支給される可能性があります。
詳しくは、月次支援金のホームページをご覧下さい。
また、宇治の大久保の『一時支援金申請サポート会場』(予約制)を訪問すれば、親身に一時支援金の相談に乗ってもらえます。