山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

労働者直撃 (2018年1月18日)


『労働者直撃。過労死法案』(昨日の日刊ゲンダイ)
この見出しが、大げさと言えないくらい、政府の『働き方改革』は危険。
改革の目玉である裁量労働制は、残業しても『残業代』が出にくくなり、長時間労働や過労死、残業代不払いという悲惨なトラブルが増加。裁量労働制は要件を厳格化すべきです。


殺人犯はそこにいる (2018年1月18日)

『殺人犯はそこにいる』(清水潔著)を読みました。
連続幼女殺人事件の真犯人を懸命に追い求める記者さんによる渾身のノンフィクション。
国会議員が国会質問を通じて記者さんをバックアップする場面も書かれ、事件解決に向け政治家が果たすべき責任も痛感しました。

国会名物『あかね』のカレーを食べながら、働き方改革法案や来週からの国会審議の打合せ。


茶業研究所完成式典 (2018年1月17日)

茶業研究所完成式典に出席。
宇治茶は世界最高の健康飲料。
脳梗塞や認知症の予防効果も研究で明らかになっています。
更なる素晴らしい宇治茶研究を期待しています。


政治を正すのは、良識ある有権者と志ある政治家の共同作業である

新年の後援会ニュースに振込用紙を同封して郵送していますので、多くの方々からカンパ(一口1000円)が届きました。
感謝感激です。
お礼状をお一人おひとりに書かせて頂きました。

『政治を正すのは、良識ある有権者と志ある政治家の共同作業である』
これは、松下政経塾で松下幸之助塾長からご指導頂いた言葉です。


茶道に凝縮 (2018年1月15日)

私も今日の初釜式に出席させて頂きました。
今は亡き松下幸之助塾長は『政治家の使命は海外に日本の素晴らしさを伝えること。
日本文化の素晴らしさは茶道に凝縮されている』と言って、松下政経塾では私も含め塾生全員が茶道(裏千家)を毎週学ばせて頂きました。

松下塾長の趣味も茶道でした。
私の地元京都南部では、日本一美味しいお抹茶が生産されます。
今日は新年のお濃茶(濃い抹茶)を頂きましたが、格別に美味しかったです。

久しぶりに新幹線で崎陽軒のシウマイ炒飯弁当。


保育士、幼稚園教諭の処遇改善 (2018年1月14日)

訪問した保育園で嬉しいニュースを聞きました。
30人の保育士さん(勤続7年以上)の月給が4万円アップし、皆さん、喜んでおられるとのこと。この賃上げのきっかけになったのは、私が法案提出者として一昨年に国会提出した『保育士、幼稚園教諭処遇改善法案』です。

これは月給五万円アップの法案で、法案自体は成立しませんでしたが、その成立を何度も強く国会質問で要求した結果、7年以上勤続の保育士に限り、4万円アップが決定。
勤務年数が短い方や幼稚園教諭の処遇改善を引き続き政府に求めます。
野党が提出する議員立法であっても必要な法案であれば、政府を動かし、予算を獲得することが可能です。

今日の会議のオヤツは、城陽の利兵衛の『どら焼』(製造直売)
甘さ控え目のつぶあんがたっぷり入り、美味しかった。宇治茶との相性も抜群。


宇治川沿いの新年ハイキング (2018年1月14日)

宇治川沿いの新年ハイキングに地域の方々と参加した後、新年会。
今年初のカラオケで『あの鐘を鳴らすのはあなた』を歌ってしまいました。
冬の宇治川も美しいです。

《50万人の派遣社員が解雇!?》私たちの大反対を押し切り、3年前に強行採決された『労働者派遣法改正法』
その結果、専門業務の派遣社員、約50万人が今年、解雇される危険性があります。
専門業務の派遣は、雇用期間が無期限でしたが、法改正により『3年上限』になったからです。
派遣社員の方々にも人生設計があります。雇用の安定が必要です。


城陽市出初め式 (2018年1月14日)

寒さとともに懸命に任務に取り組む消防団の皆さんの勇姿を見て、身が引き締まる思いです。
私も以前、城陽市久世分団の消防団員でしたので、懐かしい気持ちで一杯です。


久御山消防団出初め式 (2018年1月14日)

うっすら雪が残る中、今日は久御山消防団出初め式。
出初め式の後は一斉放水。
消防団の方々がご自分のお仕事と両立し、日夜、住民の防火、防災のため懸命に取り組んで下さっていることに、感謝の気持ちで一杯です。


淀大根、聖護院大根  (2018年1月14日)

今日は久御山の旧山田家の公開と大根炊き。
久御山の大根は、淀大根、聖護院大根と呼ばれ、京野菜の代表。
美味しすぎて言葉が出ません。