山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

# Me too            (2018年4月20日)

連日、福田事務次官のセクハラ問題と、財務省が行った調査についての問題点を財務担当者に指摘していますが、財務省は、麻生大臣を先頭に事務次官をかばい続けています。
安倍総理も事前に今回の財務省の対応方針の報告を受け、容認。

セクハラ被害者の人権侵害を、容認・放置する安倍総理、麻生大臣、財務省の姿勢は国民にとっても許されるものではありません。
麻生大臣あてに以下の5点を強く申し入れるため、財務省に出向きました。

① 財務省は、福田事務次官のセクハラ被害を受けた方の人権を守ること。
② 財務省は、セクハラの申し出があり、抗議する会社に不利益を与えないこと。
③ 福田事務次官は、即刻、セクハラをしたことを認め、謝罪すること。
④ 財務省は即刻、事務次官がセクハラを起こしたことを認め謝罪すること。
⑤ 財務省は、今回のセクハラ調査のやり方が不適切であったと認め、調査を撤回すること。


被害者に謝罪すべき (2018年4月19日)

連日、財務省担当者と激論。
『セクハラではない』『テレビ朝日が抗議に来たら言い分を聞きたい』と言い切る財務省担当者に対し、『今回の発言は、明らかにセクハラ!即刻、福田事務次官はセクハラを認めて、被害者に謝罪すべき!セクハラを認めず、謝罪もしない福田次官を麻生大臣や安倍総理がかばうなら、政権ぐるみのセクハラになる』と、私は大反論。
どこの社会でセクハラして文句あるなら、被害者が会いに来て、言い分待ってますよ、と言い切る加害者がいるでしょうか。どこまで財務省は上から目線なんでしょう。

今日は、支援者の皆さんが大勢国会見学に来てくださいました。
財務省・厚労省への追及が続き、皆さんとゆっくりお話する時間がとれず申訳ございませんでした。


ひとり親家庭の親子心中事件  (2018年4月18日)

議員立法『子どもの生活底上げ法案』について、策定の中核メンバーとして答弁させて頂きました。

現在、児童扶養手当の支給は4ヶ月ごとに行われています。
しかし、2年前に私が中心になって国会提出した議員立法『児童扶養手当法改正』(毎月支払いを規定)がきっかけとなり、来年度から2ヶ月ごとに支払われることになりました。
野党の議員立法が厚労省を動かしました。
しかし児童扶養手当は、毎月支給にすべきと考えます。
なぜなら、最近、痛ましい事件、貧困なひとり親家庭の親子心中事件がありました。
そのご家庭の困窮の原因の1つが、児童扶養手当が支払われる月とそうでない月の収入のギャップでした。
2度と痛ましい貧困家庭の心中事件を起こさないためにも、当事者から要望が強い、児童扶養手当の毎月支給を実現すべきと考えます。
今回の議員立法をきっかけに、また厚労省を動かし、近いうちに毎月支給が実現するように頑張ります!!


今年初の冷麺 (2018年4月16日)

昼食は、国会食堂で、ラーメンか冷麺か迷ったが、冷麺に。

晩の会議に出席した帰りに、宿舎近所の居酒屋で、定番のニンニクの唐揚げ。
ニンニクパワーで1週間頑張ります。


脳の活性化 (2018年4月15日)

宇治市介護者(家族)の会に出席し、介護を受けている高齢者や介護者の方々のお話をお聞きし、皆さんの笑顔から元気を頂きました。
また、地元のソプラノ歌手である正木章子さんの素晴らしい独唱を聞き、心が癒されました。

宇治橋通り商店街のお店で、宇治抹茶オーレを飲みながら打合せ。
宇治抹茶オーレを飲むと心が落ち着き、脳も活性化します。

夕方から、村田諒太選手のボクシング世界ミドル級の初防衛戦の応援のため横浜へ!!
村田選手は、私の地元、精華町の京都廣学館高校ボクシング部の出身です。
8回KO勝ち。
村田選手、ボクシング世界ミドル級チャンピオン、初防衛しました!!


政治を正す  (2018年4月14日)

赤山禅院のご住職、叡南覚照師がお亡くなりになられました。
京大の学生時代に、貧困家庭の子どもたちの福祉施設でボランティアをする中で私が『どうしたら苦しんでいる子どもたちが幸せになれるか』と相談した際に『福祉を良くするには政治を正さないとダメだ』とご指導下さった叡南師は私の人生の師です。合掌。

13日、私が提出者の一人である議員立法『子どもの生活底上げ法案』について答弁しました。
貧困なひとり親家庭の子どもが、進学や塾、クラブ活動を断念している現状を何とか変えねば考え、貧困なひとり親家庭に対する児童扶養手当の引き上げを柱とする法案です。


地元で過ごす週末 in 宇治 (2018年4月14日)

槙島ひいらぎ保育園の感謝の会に参加させて頂きました。
新しい園舎、広い園庭になった素晴らしいひいらぎ保育園で、子どもたちがすくすくと育つことを祈ります。
土曜保育のお子さんたちの笑顔を見て、心が和みました。

志津川福祉の園のわいわいカーニバル。
障害者の方々や地域のボランティアの方々の素晴らしいお祭りは大盛況。
志津川福祉の園で作ったウインナーパンを昼食に食べました。

宇治市議会主催の『市民と議会のつどい』を傍聴しました。
市民の方々の生の声、議員の方々の真摯な説明を聞き、大変勉強になりました。

私の地元事務所前のイズミヤ1階にある茶房『ひまわり』の1番人気メニュー『カレーうどん』を食べ、パワーをつけました。
パンチの効いた辛さで、癖になる美味しさです。


前向き思考 (2018年4月13日)

焼肉弁当を食べながら新幹線で京都へ。
私の尊敬する同志である長妻昭さんは、『肉を食べると前向き思考になる』と言ってました。


『働き方改革法案』の目玉とは・・・ (2018年4月12日)

地元のお抹茶を飲みながら、国会事務所で働き方改革法案について打合せ。
お抹茶を飲むと、心が浄まり、打合せがうまくいきます。

ドトールコーヒーのレタスホットドックの夕食を食べながら、明日の国会質問の準備。
安倍総理や加藤厚労大臣は、裁量労働制の拡大を『働き方改革法案』の目玉として訴えていました。
しかし野村不動産の裁量労働制の社員が過労死していた事実は隠ぺいされていました。
森友、加計そして過労死も隠ぺい。


酒井常雄 京都府議会議員と (2018年4月11日)

会議で酒井常雄府議が国会に来られましたので、国会食堂でハンバーグエビフライ定食。
私はこれが大好物で1ヶ月毎日食べたことがありますが、カロリーが高いため、普段は我慢。
今日は、酒井さんが注文されたので私もついつい注文してしまいました。