山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

<告知> ネットテレビ『みのもんたのよるバズ!』に生出演

明日12/15(土)夜8:00~9:00 Abema TV(ネットテレビ)『みのもんたのよるバズ!』に生出演することになりました。
閉幕「秋の国会」の通信簿と題し、今国会を振り返りディスカションをする予定です。
晩遅くの出演ですが、後日あらためてネットで視聴できますので、ぜひご覧ください。

日 時/ 12/15(土)夜8:00~9:00 (生放送)
番組名/ Abema TV(ネットテレビ)『みのもんたのよるバズ!』
内 容/ 「短時間審議で採決!様々な問題を残した“改正入管法”はどうなるのか?」など
出演者/  MC みのもんたさん
       有馬晴海 政治評論家
       平沢勝栄 衆議院議員
       山井和則 衆議院議員

リアルタイムでご覧いただける方 >> 無料視聴可
後日番組をご覧いただける方 >> 
番組詳細 >>


京阪樟葉駅 (2018年12月14日)

おはようございます。
薄暗いです。
今朝は6時50分から京阪樟葉駅で、街頭演説と国会報告ニュース配り。

樟葉駅は枚方市ですが八幡市男山の方々が樟葉駅を利用しておられるので駅立ちをしています。
年の瀬が迫ります。
今日1日の皆さんのご多幸をお祈りします。


松井山手駅  (2018年12月13日)

まだ薄暗いですが、寒さは少しマシかも。
今朝は6時50分から8時まで、松井山手駅で街頭演説。
 北川隆司府議(右)、河本隆志市議(左)と共に
北川隆司府会議員は、ラグビーで鍛えた大きな身体で、京田辺市、井手町、宇治田原町をくまなく歩き、地域の声を京都府に届けておられます。
3人の子育て真っ最中の河本隆志市会議員は、議員になる前は、保育所にも勤務しておられ、京田辺市の子育て支援をリードする素晴らしい政治家です。
共に力を合わせ、頑張ります。

朝の駅立ちの後、国会に行き、野党ヒアリング。
技能実習生が8年間に174 人も死亡していることが発覚。
おまけに溺死などの不審死が多数。
なのに法務省は、死亡の背景は言えないと逃げの姿勢。
私は『夢を持って働きに日本に来た技能実習生が多数亡くなっているのはおかしい。外国人の人命が日本人より軽く見られているのではないか?それはおかしい!』と言い、真相究明と再発防止を強く求めました。


JR宇治駅にて (2018年12月12日)

 服部正宇治市会議員と共に
おはようございます。
薄暗い中、小雨です。
今朝は6時50分から8時まで、JR宇治駅で街頭演説と活動報告チラシ配り。
服部正宇治市会議員は、当選1回の新人議員で白川在住。
中宇治地域の生活向上、宇治茶や宇治の観光振興のため、地域の要望を丁寧に聞き、頑張っておられます。


空母は専守防衛に反するので、持たない (2018年12月11日)

今朝は長池駅で、府会議員の酒井常雄さんやボランティアの方々と街頭演説や活動報告チラシ配り。
寒かった!

酒井さんは、待機児童対策などの子育て支援や貧困家庭のための子ども食堂の整備などをスピーチ。
私は、来年度、年金がカットされ、高齢者医療制度の保険料も引き上げられるのに、一方では、トランプ大統領の要請を受け、1機100億円のF35戦闘機を数十機も買うのは問題ではないか、と訴えました。
『空母の保有。専守防衛に反しないか』(京都新聞、社説)
政府は、護衛艦を改修し、事実上の『空母』にすることを検討しています。
歴代の内閣は、『空母は専守防衛に反するので、持たない』という見解でした。
国民の理解や了解も得ないまま、なし崩し的に、空母を持つのは問題です。

長池駅での朝の街頭活動の後、酒井常雄府会議員とファミレスで朝食。
ぞうすいの上に別注文の納豆を載せ、山芋も注文。
納豆、山芋のねばねばパワーで頑張ります。


臨時国会を終えて (2018年12月10日)

臨時国会中に開催した野党ヒアリングで、約30人の技能実習生の方々から『賃金不払い』『最低賃金割れ』『休みが月1日』『深夜までの残業』『ケガや病気でも病院に行かせてもらえない』などの悲鳴を聞きました。
この野党ヒアリングがきっかけとなり、2,800人の失踪した技能実習生の聴取票が公表され、悲惨な実態が発覚しました。
人手不足を理由に、安上がりの外国人労働者を大量に受け入れる政策は失敗します。
外国人が幸せになれないばかりか、日本人の賃金も下がり、失業も増え、不況になれば、万単位の外国人労働者が解雇され、その多くが帰国せず、不法滞在、不法就労になるでしょう。
外国人労働者を大量に長期間受け入れるという、国の根幹を変える改革を、政府が拙速に強行したのは大問題です。
外国人労働者の労働条件の向上と共に、日本人の生活の向上、日本人との共生のため、全力で頑張ります。

『日本を人を大切にする国にしたい!外国人労働者を差別する国にしたくない!』
臨時国会を象徴する上記の写真、明日からの駅頭活動で配布する、チラシの表紙にしました。
あす11日(火)は朝6時50分からJR長池駅で駅立ちです。
もし見かけたらお声がけ下さい。

昼食は、久しぶりに国会内の吉野家。
好物の牛丼を食べたかったが、連日、カロリーの高いものを食べているので我慢。
代わりに、納豆、山芋、生卵、味噌汁というヘルシーなメニューに。
510円。


封入作業  (2018年12月9日)


今日も私の国会報告ニュースの封入作業をボランティアの方々がやって下さいました。
大感謝です!
封入作業の各現場で国政報告をしましたが外国人労働者受け入れ拡大法案の強行採決には、皆さん、大きな不安と不満を持っておられました。
昼食はコンビニおにぎり。
夕方にやっとハンバーガーを食べました。


宇治青年会議所卒業式 (2018年12月8日)

私も以前、宇治青年会議所のメンバーでしたが、今日は素晴らしい後輩に久しぶりに会って感動。
みんな若手経営者として頑張っています。
『求人を出しても、新入社員が来てくれない』など人手不足の話も聞きました。
中小企業の支援のため頑張ります。


午前4時40分  (2018年12月8日)

残念ながら、先ほど入管法改正(外国人労働者拡大)法案が可決、成立。
私も法案担当議員として、その本会議を傍聴。
劣悪な処遇の技能実習制度を維持、拡大するこの法案は問題だらけです。
今まで闇に隠されていた劣悪な労働実態を明らかにし、技能実習生の方々の悲鳴を世の中に届ける仕事をさせて頂きました。
『失踪した技能実習生の2800枚の聴取票を提出して下さい!』と私がヒアリングの際に、法務省担当者に要求したことがきっかけになり、2800枚の聴取票がまず議員だけに閲覧が許され、議員が2800枚を手書きで書き写し、それを職員さんや秘書さんが休日返上で集計、分析し、公表したことで、技能実習生の実情が大きな問題になりました。
政治は人間愛です。
政治はヒューマニズムです。
この法案の問題点を少しでも補うため、今後、外国人労働者の待遇改善、日本が外国人からも愛される国になるため、外国人が日本人と共生できる社会づくりを目指して全力で頑張ります。

ホッと一息の秘密兵器。
いつも持ち歩いている地元の玉露のティーパック。
ペットボトルの水に、玉露ティーパックを入れて、10分待てば、写真のように美味しい水出し玉露が完成。
市販のペットボトルのお茶とはひと味違う美味しさです。
京都の事務所に戻ったら、多くのボランティアの方々が、私の国会報告ニュースの封入作業をして下さっていました。
感謝感激です。
国会議員になって19年目。
国会報告ニュースの郵送とポスティングは年末の恒例行事。
それを毎年支えて下さる多くのボランティアの方々のおかげで、私は活動を続けることができます。
ボランティアの方々へのご恩返しは、しっかり仕事で、世直しをしてお返しします。


日新窟・にっしんくつ   (2018年12月6日)

シャープ亀山工場の下請け会社から2,900人の日系外国人が雇い止め(解雇)された問題で、車上生活など路頭に迷う方も出ています。
雇止めされた日系ペルー人、ブラジル人、ボリビア人の方々が、私の国会事務所にお越しになりました。
『急に仕事が無くなった』
『安定した仕事だと聞いて就職したのに』
『新しい仕事がなくて困っている』
『失業手当が欲しい』
『新しい仕事を紹介して欲しい』
今回の外国人労働者法案が成立し、外国人が急増したら、外国人が『雇用の調整弁』として使われ、不況の際には、何万人もの失業した外国人が街にあふれる可能性があります。
不況の際のことを考えない、安易な急激な外国人労働者の受け入れ拡大は問題です。


厚労省の担当者10人を呼んで、今後の対応策を協議しました。
下請け会社や人材派遣会社に違法行為はなかったのか。
2,900人もの雇い止めが許されるのか。
厚労省に新しい仕事を斡旋する責任があるのではないか。
外国人だから、簡単に大人数でリストラされているのではないか、など。
このような事態の放置が許されるなら、今後、日本が不況になった際には、全国で何万人もの外国人が1度にリストラ、雇い止めされることになります。
何らかの歯止めや救済策、再発防止策が必要です。
外国人労働者の方々も生活があり、お子さんもおられます。
厚労省に早急な対応を強く求め、引き続き協議することにしました。

ベトナム人のためのお寺『日新窟(にっしんくつ)』を訪れ、タムチー僧侶と共に拝ませて頂きました。
タムチー僧侶の言葉を、以下、ご紹介します。

『このお寺は、ベトナム人の悩みや困りごとの相談に乗る駆け込み寺であるとともに、日本で亡くなったベトナム人、100人以上の位牌があります。今年も21人が亡くなりました。死者は若者がほとんどで、技能実習生の死者も含まれています。死者が毎年増えています。なぜなのか。夢を持ってベトナムから日本に来た若者がなぜ死なねばならないのか。このままでは大変なことになると心配して、何とかベトナムの若者の命を守りたいと思い、これらの位牌も公開することにしました』

『日本語も十分に話せない若者が、たくさんの借金を背負って日本に働きにきて、孤独や仕事の悩みで、自ら命を絶つケースも増えています。ベトナム人だからという理由で、低賃金で休みなく奴隷のような扱いを受けているケースも中にはあります。日本でいい会社やいい仕事に運良く当たれば幸せ。でも、運悪く悪い会社や悪い仕事に当たれば、大変な苦労をします。来日前の説明や契約と全く違う仕事をさせられるケースもよくあります。ベトナムの若者たちはみんな「運次第だ」と言ってます。でも運次第では困るんです。運が悪かったから死んだ、ということでは困るんです。みんないい子なのですから。最低限の労働条件は、日本の政府が規制し守ってもらわないと』

『手前に並ぶたくさんの小さな位牌は、赤ちゃんの位牌。中絶した子どもの位牌です。技能実習生や留学生は、妊娠しても、日本で仕事や勉強をしながら、子どもを育てることができないので、泣く泣く中絶する女性もいるのです。悲しいことです』

『先日も技能実習生の若者が急性心不全で亡くなりました。5歳と7歳の子どもがベトナムにいるのに、かわいそうでなりません。仕事の疲れ、過労も原因と思いますが、みんな家族思いで、ベトナムの親や子ども、家族に5万円くらい仕送りをするので、月の生活費は二万円くらい。だから、毎日カップラーメンばかり食べて栄養失調の若者も多いのです。労働条件がいくらきつくても苦情を言ったら、強制的に帰国させられる心配があるから、みんな不満や苦情は言えないのです』

『今の現状に対して、ベトナム政府も日本政府に言いたいことは、たくさんあります。しかし、言ったら、「もうベトナムから技能実習生は受け入れません」と日本政府から言われると困るから言えないのです。だから、ベトナムの若者の代わりに私が発言しているのです』

『いい会社、いい仕事にあたるか、はずれるか、運次第では困るんです。夢を持って日本に来た若者がみんな幸せになれるようにして下さい』

いま日本に来日する技能実習生のトップはベトナム人です。しかし、そのベトナムの若者の死者が増えています。夢を持って日本に来た若者が、日本で不幸になることがあってはなりません。私たちが今、受け入れを拡大しようとしている外国人は『労働力』でなく『人間』です。母国には家族がおられ、生身の人間ですから、重労働を強いれば倒れてしまいます。外国人労働者を多く受け入れるということは、単なる人手不足対策でなく、より多くの人間を幸せにする重い責任を負うことだと改めて痛感しました。


晩の会合に参加した後、近所の定食屋さんで遅い夕食。
ニンニク唐揚げご飯。