山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

議員立法「英語民間試験延期法案」 (2019年10月16日)

文科部会で、2つの議題について議論。
<大学入試への英語民間試験導入について>
試験の採点や試験監督を誰にするかは、完全に試験業者に任されており、試験業者が判断すれば、「学生アルバイトが採点したり、試験監督することも禁止はされない」との文科省の見解に絶句。
「高校生の人生がかかってる試験で、学生アルバイトによる採点や試験監督はあり得ない!」と私。
大学入試って、そんな軽いものですか?
さすがに、大学入試を民間試験業者に丸投げするのは、文科省の責任放棄。
このままでは、公正、公平な採点はできず、トラブルが続出し、多くの受験生が被害を受け、泣きます。
私たちは、議員立法「英語民間試験延期法案」を作成しました。
近日中にも国会提出予定です。

<教員の変形労働時間制について>
教員である夫を過労死で亡くされた工藤祥子さん(過労死家族会、神奈川県代表)からお話しを聞きました。
授業に加え、部活や生徒指導による連日の長時間労働が原因での過労死のお話しを聞き、教員の方々の長時間労働を減らさねばと、改めて痛感。
「文科省が導入を提案する変形労働時間制では、逆に過労死と長時間労働が増える」と工藤さんは訴え、元教員である水岡俊一参議院議員も「過労死を増やしてはならない!」と強く訴えられました。
教員の方々の長時間労働や過労死を減らすため、全力で頑張ります。

就寝前ですが、久しぶりに、議員宿舎で、一人で地元のお抹茶を頂きました。
お抹茶を頂くと、心が静まり、心を浄められます。
熟睡できそうです。


200回臨時会> 山井和則 質問主意書一覧 

英語民間試験は公平性が確保されていないため実施を延期すべきこと等に関する
質問主意書(24) >>
答弁書(24) >>

英語民間試験が大学進学を目指す高校生の選択の幅を狭めているため実施を延期すべきこと等に関する
質問主意書(25) >>
答弁書(25) >>

政府の社会保障政策の検討主体、テーマ、スケジュール等に関する
質問主意書(26) >>
答弁書(26) >>

在職老齢年金の縮小の目的と影響等に関する
質問主意書(27) >>
答弁書(27) >>


台風 被災者支援 (2019年10月15日)


今朝は議員宿舎近所の神社に参拝。
台風被害の被災者にお見舞い申し上げ、1日も早い復旧を祈願。
被災者支援に最優先で取り組むため、私たちは、災害対策以外が多く議題となっている今日の予算委員会の延期を政府に強く強く要望。
しかし、聞き入れられず、今日も予算委員会が開催。
とにかく、政府、与野党が全面協力し、被災者支援に取り組みます。
山芋、オクラ、納豆の朝食を食べ、全力で働かせて頂きます。


月読神社 大住隼人舞 (2019年10月14日)

あす朝から国会で会議があるため、最終新幹線で東京へ。
シュウマイ弁当と急須でいれた、地元の水出し煎茶。
自画自賛ですが、美味しいです。
茶葉を多くし、お湯でなく、水出しにすることで濃厚なうまみたっぷりの味になります。
美味しいお茶は健康に良く、疲れもとれます。

京田辺の月読神社の大住隼人舞を北川剛司府議と共に観賞しました。
1300年前、奈良時代に奉納された大住隼人舞が昭和46年に復活し、それから今年で50年。
大住隼人舞保存会の方々や舞人のお子さんたちの尽力に感謝です。
 素晴らしい無形文化財です


700年の伝統 田原祭り・三社祭 (2019年10月13日)

今回の台風で甚大な被害が出ています。
お亡くなりになられた方々にお悔やみ申し上げるとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。
復旧に向け全力で取り組みたいと思います。

地元の運動会の開会式。莵道小学校の鼓笛隊の素晴らしい演奏や演舞を拝見しました。広野公民館まつりは、晴天のもと、大盛況でした。

宇治田原で700年の伝統がある「五穀豊穣」を祈願する「田原祭り」「三社祭」が行われました。緑茶発祥の町、宇治田原の秋祭りです。宇治の神明神社の秋祭りも盛大に行われました。

宇治橋通り商店街「大阪屋マーケット」の「市場呑み」
今夜は、生演奏を聞きながら、昭和の雰囲気が漂う素晴らしい「大阪屋マーケット」の今後を飲み食いしながら、語り合いました。
私も家が近所なので、大阪屋マーケットのお店は大好きなお店ばかりで思い出が一杯です。
リニューアルしてからも、新しい名所になって欲しいです。
入口の珈琲店は美味しいコーヒーで有名です。


議員立法『英語民間試験導入延期法案』 (2019年10月11日)

今日は文部科学部門会議で、議員立法『英語民間試験導入延期法案』について議論し、早急に国会提出を目指すことを確認しました。
また、今日は川内博史議員が予算委員会で、萩生田文科大臣に、英語民間試験導入の延期を強く要望。
しかし、萩生田大臣は、来年度から導入する、と答弁。
大多数の高校生から導入延期、導入中止を求める声があがっています。

台風の前に帰るため、晩遅くの新幹線で京都へ。
ペットボトルの水に、地元の玉露ティーバッグを入れて水出し玉露を飲みながら『柿の種』。
1週間の疲れをとるには、疲労回復効果がある『水出し玉露』が一番です。
台風が近づいています。皆さん、お気をつけ下さい。


高所得者の年金  (2019年10月11日)


今朝も議員宿舎近所の神社に参拝。
この地域、『赤坂』の名前の由来は、『坂』が多いから。
坂が多いのでウォーキングでは足腰が鍛えられます。
今日は予算委員会2日目と社会保障改革の会議。
私の仲間の議員が質問します。
朝食は、納豆と『野菜たっぷりみそ汁』野菜不足を補うため、93円追加で、みそ汁を『野菜たっぷりみそ汁』に変更。

政府の年金改革の目玉『在職老齢年金の上限引き上げ(47万円から62万円に)』
政府のグラフ(添付)で、その問題点が明らかに。
65才以上で月収47万円以上の高所得者(1%)の年金を増やす財源を得るため、一般の高齢者(99%)の年金がカットされます。高所得者の年金を年2000億円(1人平均100万円)引き上げるために、一般の高齢者(将来の若者世代も含め)の年金が年1万円程度、カットされます。
裕福な高齢者の年金を引き上げるために、なぜ今の高齢者や将来の若者の年金を年1万円カットしないとダメなのか?意味がわかりません。


介護保険サービス 70歳以上?! (2019年10月10日)

今朝の朝刊議事にビックリ!
介護保険サービスを利用できる対象を65才以上でなく、70才以上にする議論を政府がスタート。
『介護保険、対象見直し論』『利用年齢上げ、給付抑制』(日経新聞)

理由は、今後は70才まで働いてもらうから、介護サービス利用も70才以上、とのこと。
でも65才以上70才以下で介護が必要な方はたくさんおられます。
介護保険は、高齢者だけの問題でなく、介護サービスがカットされ、家族介護が増えたら、支える介護家族が共倒れしかねません。

吉野彰、旭化成名誉フェローが、ノーベル化学賞受賞!嬉しいです。
吉野先生は、京大工学部石油化学科出身。
私は、石油化学科の隣の建物(百万遍の角)の工業化学科修士課程出身です。
私が学んだ福井三郎、田中渥夫研究室も、福井三郎先生が、ビタミン研究でノーベル賞候補でしたので、今日の吉野先生のご受賞に私も大学院時代を思い出します。
吉野先生のノーベル賞受賞を機に、ますます日本での化学研究が進むことを願います。

議員宿舎の近所をウォーキングし、朝食は、いつもの納豆定食。
今日は、9時から5時まで衆議院予算委員会。
私の会派からは玉木議員、今井議員、馬淵議員、川内議員が質問します。
みんな素晴らしい議員です。
この後は、質問打合せの会議です。


高所得者のために、若者世代含めた年金をカット (2019年10月9日)

政府が検討する『在職老齢年金の減額基準の引き上げ』について、年金専門家や厚労省担当者と議論。
『高所得者の年金を年2,000億円引き上げるための財源確保に、今の高齢者や若者の将来の年金を年2,000億円カットするのは、格差の拡大。方向が逆』です。
政府は、現在、65才以上で月47万円以上の収入があると年金が減額される限度を62万円への引き上げを検討しています。
高所得者の年金が増える反面、その財源として、一般の高齢者の年金が年2,000億円カットされる。
一般の高齢者の年金を年2,000億円もカットし、高所得の高齢者の年金を引き上げるのは、おかしい。
年2,000億円の年金カットは、阻止せねば!

産経新聞 10月7日 >>


今朝は、議員宿舎の近所をウォーキングし、神社にお参りし、手を洗い、心を浄め、『今日1日、国民の幸せのために働かせて下さい』と祈願。

今日は、政府の3つの審議会が、年金カット、介護サービスカット、医療と介護の自己負担増を提案します。
消費税増税の上に社会保障カットは、消費を鈍らせ、景気を悪化させます。
朝食は納豆2つと、肝臓に良いしじみ汁。


「変形労働時間制」導入の撤回を  (2019年10月8日)

原口一博国対委員長と公園をウォーキングし、宿舎食堂で朝食。
今日は、午前中は年金の会議。
政府が提案する年金カットの法案は阻止したい。
高所得者のために在職老齢年金の限度額を引き上げる代わりに、今の若者世代も含め年金を年2000億円、10年で2兆円もカットする法改正を政府は目指しています。
午後は、泉ケンタ議員が代表質問。
NHK生中継。
ぜひ、ご覧下さい。

『学校の長時間労働と給与特別法のこれからを考える集い』に参加。
この秋の国会では『変形労働時間制』という教員の働き方改革の法案が審議されます。
しかし集会では『忙しい時期の過重な残業を合法化し、その代わり、夏休みの労働時間を減らすという「変形労働時間制」では、逆に忙しい時期の長時間労働や過労死が増える』との悲痛な意見が、教員である家族を過労死で亡くしたご遺族から出ました。
教員の長時間労働を増やす法改正はダメです。