活動報告

Activities

山井の活動

~財源の伴う児童福祉法改正が急務~

厚労省は、児童福祉法を改正し、18歳以上でも、児童養護施設に引き続き入居できるようにする検討を始めました。これは、かねてから私も、厚労省に要望を続けてきたことで大賛成です。

18歳で施設から出されても、身寄りのない子どもたちは、自立できず、進学や就職を断念するケースも多くあります。
18歳で身寄りも住む場所もおカネもない子どもたちが施設から出されても、そう簡単に、すぐには自立できません。

柔軟に18歳以上でも入居を続けられるようにすれば、大学や専門学校への進学も可能になります。
さらに、住まいがないため、児童養護施設の子ども達は、寮付きや住み込みの就職しかできず、就職の選択肢が狭まっています。アパートに住むにも敷金や礼金のおカネがないのです。

18歳以上も施設入居は、今でも可能ですが、部屋が足りなかったり、施設へのその分の財政支援がないとダメです。しっかり財源もセットで、児童福祉法を改正しないと、絵にかいた餅になります。頑張ります!