活動報告

Activities

山井の活動



国会議員に支給される文書通信交通滞在費(文書交通費)の日割、差額国庫返納、使途報告・公開などを義務化する歳費法改正案を衆院に提出しました。
文書交通費は、先の総選挙が10月31日に実施されたため、1日の在職でも1カ月分満額が支給されること、使途の公開がなされていないことなどに疑問の声が上がっていたことを受けて、党政治改革部会が取りまとめた法案骨子を議員立法化したものです。法案概要は次の通りです。
(1)歳費の衆議院解散時における日割り計算による支給
(2)文書交通費収支報告書の提出及び公開(報告・公開の基準等は使途の透明性の確保を図りつつ両院議長が協議して定める)
(3)その年の文書交通費の残余額があるときの返還
(4)文書交通費の日割り計算による支給(死亡・解散の場合を含む)
(5)自主国庫返納にかかる公職選挙法の適用除外(公職の候補者等の寄付の禁止は適用しない)

20211207歳費法改正案(文通費日割等)新旧対照表

20211207歳費法改正案(文通費日割等)法文

20211207歳費法改正案(文通費日割等)要綱