山井和則 衆議院議員(京都6区6期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

国民が聞きたいこと (2016年9月29日)

20190930予算委員会バッター

30日(金)は予算委員会(NHK生中継)。
私は国会対策委員長に就任したため、国会質問はしません。
代わりに、ここ数日、質問する議員の皆さんと質問内容の打合せを重ねました。
「自分が質問したいことというより、国民が安倍総理や各大臣に言いたいこと、聞きたいことを、代わりに質問する」というスタンスで、各議員は質問します。宜しくお願いします。


言行不一致の政府  (2016年9月28日)

20160928代議士会

「政府は『働き方改革』と言いながら、残業代ゼロ法案を臨時国会で強行し、実質賃金を引き下げ、長時間労働を助長しようとしている。
『長時間労働を是正する』という政府が、長時間労働を助長する残業代ゼロ法案を強行するのは言行不一致。
さらに、『介護離職ゼロ』を目指す政府が、逆に介護保険の要介護1.2の生活援助を介護保険から外し、介護の家族の負担をますます増やすのは、介護離職倍増政策だ。これも言行不一致」とスピーチ。
衆議院本会議前の代議士会で、民進党 全衆議院議員に挨拶。


国民の願い  (2016年9月28日)

20160928-国対・筆頭理事会議
国会対策役員・筆頭理事合同会議を開催。
「国民の願いや怒りを政府にぶつけるのが私たち議員の責務。良い法律はスムーズに成立させるが、国民を苦しめる悪法は断固、阻止しましょう」と、私は各委員会の理事の方々に挨拶。


国民に代わって (2016年9月26日)

20160926各党へご挨拶
臨時国会の初日。
国対委員長として、各党への挨拶回りと記者会見。
国民に代わって政府に質問し、問題提起し、提案をする国会対策を目指します。

20160926-%e6%96%b0%e5%9f%b7%e8%a1%8c%e9%83%a8%e6%8c%a8%e6%8b%b6%e5%9b%9e%e3%82%8a-1