山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

今月の『山井和則と語る会(久御山町、精華町、井手町、宇治田原町、南山城村、笠置町、和束町)』は、延期します 


今月5月22日、23日、29日に地元7ヶ所で開催を予定しておりました、「やまのい和則と語る会」ですが、緊急事態宣言の期間が延長され、感染の拡大が心配される状況下にあるため、大変残念ですが、延期させて頂くことにいたしました。
ご予定してくださった皆様には、大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
延期後の日程につきましては、決まり次第、改めてご連絡させて頂きます。
なお、オンライン国政報告会「やまのい和則と語る会」は、不定期ですが土曜か日曜に開催しています。
お困りのこと等ございましたら、お気軽にご参加いただき、コメントをお寄せ頂けましたら幸いです。
前半、国政報告をさせていただき、後半、皆さまからのご質問にお答えしています。


『高齢者医療窓口負担の2割引き上げ法案』の強行採決はやめるべき! (2021年5月7日)



『高齢者医療窓口負担の2割引き上げ法案』の強行採決はやめるべき!
コロナにより、多くの高齢者が亡くなり、医療崩壊が深刻化する真っ最中に、75才以上医療負担2割引き上げ法案』の強行採決など、あり得ません。
政府は、コロナ対策、ワクチン接種、人命救助に全力集中すべきです。
ちなみに、私たちも対案を提出し、一部の高所得の75才以上高齢者の保険料負担引き上げと公費負担により財源を確保し、窓口負担2割引き上げはやめて、現役世代の負担軽減を政府案と同様に行う案です。
今回の2割負担引き上げは、最初は、年収200万円以上だけが対象ですが、いずれ国民年金受給者も2割負担になる可能性があります。
コロナ報道一色で、ほとんどマスコミに報道されませんが、大問題です。


オリンピック 中止の声 (2021年5月6日)



国会からの帰りに、スーパーで夕食を買い、議員宿舎で『黙食』
楽しみは、週末に入手した新茶。
一服、飲みました。
驚きの美味しさ。
茶葉も美しい。
ぜひ、急須で新茶を飲んでみて下さい。
ぬるい少量のお湯で、濃く淹れると、特に美味しいです。



『国民の命と暮らしを守るため!』菅首相に直訴します!
『オリンピック開催は、無理ではないか?』
『看護師や医師は、オリンピックでなく、ワクチン接種や医療現場に派遣すべき!』
『商店、中小企業、生活困窮者への経済支援をすぐにやるべき!』
『オリンピックより、国民の命と暮らしを守ることに全力集中すべき!』


子どもの日 (2021年5月5日) 



『コロナにより、ひとり親家庭の子どもの10%が体重減少』
ひとり親家庭のお母さんは、半数以上が非正規雇用で、コロナの直撃。
仕事が減ったり無くなったり、そのため、空腹に苦しむ子どもたちが急増。
支援策として、夏か秋に再び、ふたり親家庭を含む低所得の子育て家庭に給付金を出す必要があります。
5月か6月には、私が1月に提案した『給付金(子ども1人5万円)』が支給されますが、それだけでは足りません。
夏か秋に再度、支給が必要です。
子どもたちを空腹にさせないのは、私たち大人の責任です。



和束町で『和束茶』の新茶を一服、頂きました。
『新茶を飲めば、長生きができる』と言われます。
新茶は香りも良く、たくさん買いました。
しかし、茶農家の方々からは、『コロナや気候の影響で、収穫量や売れ行きはここ数年で一番厳しい』と切実な声。
茶業への支援を先週、葉梨農水副大臣に面会し、申し入れました。
京都府立医大の最新研究では、『お茶のカテキンはコロナウイルスを弱める』ことが明らかになりました。
ただし、これは試験管内の実験であり、人間の実験ではありません。
急須で新茶を飲み、健康を維持しましょう。