山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

【コロナ】介護職員と障害福祉職員への慰労金 (2020年5月28日)


今日は少し嬉しいニュース。
今回の二次補正予算に、コロナ対策で、介護職員と障害福祉職員への慰労金(特別手当)5万円が入りました!
今年1月から4ヶ月かけて議員立法『介護職員・障害福祉職員処遇改善法案』を作成し、国会提出。
加藤厚労大臣にも国会質問で処遇を強く要望してきました。
額は少ないですが、すべての介護・障害福祉職員さんが対象で、予算は3,000億円。
なお、保育士や幼稚園教諭の処遇改善も要望しましたが、予算に入りませんでした。
あきらめず、引き続き要望します。


「第2次補正予算案」 政府の発表をうけて (2020年5月27日)

5月27日、第2次補正予算案が政府より発表になりました。
予算規模、真水と言われる財政出動は33兆円。
そのうち10兆円が予備費、使い道が決まっていないということです。
私からすれば、やはりこの規模は小さすぎるという風に思います。


これから失業や倒産がどんどん増えると予想される中で、もっと大胆な2次補正予算にすべきだと思いますが、もちろん評価できる点もあります。


まず、約2,000億円ぐらいかけて学生を支援すべきではないかという内容の「学生生活支援法案」を私たちは国会に提出しました。
その成立を私たちは要求していますが、今回の政府案では、500億円の緊急学生支援給付金という内容になっております。

アルバイト研修の学生さんに給付金を作ってくれたということは一歩前進です。
ただ私たちが要望したことの1/4の規模ですので、残念ながら対象から漏れる学生さんが多いんではないかと思います。


次の例としては、ひとり親家庭の支援、児童扶養手当を半年間倍増するという内容の法案を私たちは国会に提出しましたが、その趣旨を活かし、政府が今回給付金を創設したことは一歩前進だと思います。
しかしその額は、1,500億円ということで、私たちが提案する1/2の規模です。
貧困家庭の子供さん達を応援してくれという趣旨に政府も応え、これだけの予算を付けてくれたことに関しては、私も感謝し評価します。
ただ残念ながら少し不十分なんではないかと思います。


最後にもう一点、地方自治体交付金を増やし、減収補償とか休業補償にもっと力入れるべきだというのが私たちの考え方です。
私たちは地方自治体への交付金を4兆円増やすべきだということを、4月の1次補正の時から言っておりましたけれど、今回の政府案には2兆円ということで、私たちの提案する地方自治体支援の1/2しか入っておりません。
もちろん方向性は、政府も与党も野党も一緒ですが、規模にかけると、これからの失業や倒産、コロナ対策に関して十分な対応ができないんではないかと思います。


この辺りの事は、今後予算委員会で、しっかりと前向きに指摘をし、改善を求めてきたいと思います。


【コロナ】某中学校でアベノマスク着用義務 (2020年5月26日)



これは、あかんやろ!
『中学校で、アベノマスク着用義務化?』
『アベノマスク着用(別のマスク着用生徒については携帯しているか)の確認』(上の黄色の部分)
公立中学校で教師が生徒に配布した資料を、文科省から入手。
文科省も『不適切』と配布した教師を指導。
下の黄色の部分には、『個別指導』『アベノマスク(着用もしくは携帯)を忘れた生徒は少人数教室に残る』と、アベノマスクを忘れた生徒は、残らせ、個別指導、と明記。


お知らせ


今晩、BS11『報道ライブ インサイドOUT』に生出演します。
緊急事態宣言の解除を受け、今後のコロナ対策について、自民党の国光あやの衆議院議員(医師)と議論します。
ぜひ、ご覧ください。


日 時:
5/26(火)20:59 ~ 21:54 (生放送)


番 組:
BS11『報道ライブ インサイドOUT』


テーマ:
「緊急事態宣言」新たな段階に 
・どうしたら困った人に早く支援が届くのか
・来る「第2波」に向け何を準備しておくべきか
・緊急事態1ヵ月半で見えてきたもの