山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

労働者直撃 (2018年1月18日)


『労働者直撃。過労死法案』(昨日の日刊ゲンダイ)
この見出しが、大げさと言えないくらい、政府の『働き方改革』は危険。
改革の目玉である裁量労働制は、残業しても『残業代』が出にくくなり、長時間労働や過労死、残業代不払いという悲惨なトラブルが増加。裁量労働制は要件を厳格化すべきです。


殺人犯はそこにいる (2018年1月18日)

『殺人犯はそこにいる』(清水潔著)を読みました。
連続幼女殺人事件の真犯人を懸命に追い求める記者さんによる渾身のノンフィクション。
国会議員が国会質問を通じて記者さんをバックアップする場面も書かれ、事件解決に向け政治家が果たすべき責任も痛感しました。

国会名物『あかね』のカレーを食べながら、働き方改革法案や来週からの国会審議の打合せ。


茶業研究所完成式典 (2018年1月17日)

茶業研究所完成式典に出席。
宇治茶は世界最高の健康飲料。
脳梗塞や認知症の予防効果も研究で明らかになっています。
更なる素晴らしい宇治茶研究を期待しています。


政治を正すのは、良識ある有権者と志ある政治家の共同作業である

新年の後援会ニュースに振込用紙を同封して郵送していますので、多くの方々からカンパ(一口1000円)が届きました。
感謝感激です。
お礼状をお一人おひとりに書かせて頂きました。

『政治を正すのは、良識ある有権者と志ある政治家の共同作業である』
これは、松下政経塾で松下幸之助塾長からご指導頂いた言葉です。