山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

感謝の気持ちと初心 (2019年7月22日)

今朝は6時半から精華町の狛田駅で駅立ち。
昨夜の選挙は、増原ひろこさんが力及ばずで、大変申し訳ありませんでした。
増原さんは、素晴らしい候補者でした。
私自身の力不足を反省しています。
ただ選挙戦で増原さんが訴えられた『暮らしの安心を守る』『年金の立て直し』『子育て支援や高齢者福祉の充実』『誰ひとり取り残さない社会づくり』には、全力で取り組む所存です。

『増原ひろこさん、惜しかったですね』『増原さんに「頑張って!」と、お伝え下さい』など、声をかけられました。
また『ファミリーサポート』制度で、保育園や病院への送迎をするボランティアさんの話も駅頭でお聞きしました。
ボランティアの方もチラシ配布を手伝って下さいました。いつも有難うございます!!


認知症の高齢者の方々が店員として働くcafe (2019年7月21日)


ウミウのヒナの一般公開に行きました。
生後1ヶ月の2匹、すごくかわいいです。
ヒナは、澤木万理子鵜匠をお母さんと思い、なついています。
平安時代から続く宇治の夏の風物詩『鵜飼』
9月末までやっていますので、ぜひ、宇治川にお越し下さい。

『まっいいかcafe』『GOCHIOcafe』に田中美貴子府会議員と行き、抹茶エスプレッソとゼリーを頂きました。
認知症の高齢者の方々が店員として働き、注文が間違っていても『まっいいか』という趣旨です。
私も議員になる前は、認知症高齢者やご家族を支える福祉を研究していたので、『まっいいかcafe』に大変感動しました。


国を信じて軍隊に入ったが (2019年7月21日)

京都アニメーションの火災現場にお伺いし、合掌をしました。
あまりに壮絶な悲惨な現場で、被害にあわれた方々やご遺族のことを思うと涙が止まりませんでした。
献花台に献花させて頂き、お亡くなりになられた方々のご冥福と、負傷された方々の1日も早いご回復をお祈りしました、合掌。

『僕は兵士になってイラク戦争に行った』の講演を、帰還兵のアッシュさんから聞きました。
アッシュさんは『大学への進学費用を稼ぐために、州の軍隊に入った。災害派遣や国内の任務と思っていたが、派遣されたのはイラク。イラクに派遣された若者の多くは、貧困家庭で学費を稼ぐためだった。
アメリカを愛し、国を信じて軍隊に入ったが、4000人もアメリカ兵が戦死する意味のないイラク戦争に派遣され、国に裏切られた思いです』と話されました。
戦争の悲惨さを改めて強く痛感しました。


こはタウン夏祭り (2019年7月20日)


近所の『子ども食堂』で、オムライスと冷製ポタージュを頂きました。
特に、オムライスのソースが最高に美味しかったです。
高校生以上は500円、中学生以下は無料。
小学生高学年になれば、子どもだけで食べに来る子どもたちもいます。
素晴らしい取り組みです。

『こはタウン夏祭り』(10時から1時)、京阪木幡駅東側の商店街の夏祭り。
開会してすぐ、近所の子どもたちが押し寄せ長蛇の列。
お祭りは、子どもたちの最高の楽しみで、子どもの笑顔から元気を頂きました。
素晴らしい地域の方々取り組みに感動しました。