山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

抗原検査  (2020年11月19日)



お抹茶を頂き、心を浄めました。
いくつかの茶筅(ちゃせん)を使ってます。
『時短要請が出たら、絶望。営業できない』と飲食店長。
昨日も国会質問で、『1日2万円の時短協力金は少な過ぎる。大幅に引き上げべき!』と要望しました。
コロナ禍において、国民が幸せに年を越せるように、今日も全力で働かせて頂きます。
今日も、休業手当や休業支援金について、厚労省と協議。



国会議員でも一昨日、コロナ感染者が出ました。
私は濃厚接触者とは判定されていませんし、無症状ですが、念のため、自主的に抗原検査を受けました。
唾液による簡易キット検査で、15分で陰性と出ました。
国会内で、一緒に検査した同僚議員数人も陰性。
この検査キットで、Cにラインが出たら陰性。CとTの両方なら陽性です。


時短協力金や休業補償の引き上げを! (2020年11月18日)


本日11/18の衆議院厚生労働委員会で、コロナの第3波への対策としての時短協力金や地方交付金、休業手当を支給されていない労働者への休業支援金給付金の問題などについて、田村厚労大臣や内閣府担当者に質問しました。



○ 時短協力金や休業補償の引き上げを!-田村厚生労働大臣と議論


山井:
営業時間短縮に協力する飲食店、商店への時短協力金の上限が、1日2万円、月60万円では全く足りない。飲食店、商店を救う気はあるのか。大幅に引き上げるべきではないか。


内閣府:
二次補正予算の臨時交付金2兆円のうち、留保していた500億円を活用。メリハリを利かせ対象を絞っている。直ちには不足しない。


山井:
話にならない。飲食店、焦点は、1日2万円、月60万円では足しにならないと怒っている。予備費は7兆円も余っているので、大幅に増やすべきだ。現状認識が甘すぎる。


山井:
休業支援金の要件緩和や対象拡大をして頂き感謝している。一方、5000億円の予算に対して8%しか使われていない。労働局から「コロナで休業」を事業主に確認する際、事業主側があいまいな回答をしても、その状況を労働局の主体的認識で判断できると考えてよいか。


田村厚労大臣:
労働者の自己都合による休業や、コロナとは無関係の休業でなければ支給の対象になる。厚労省から出しているQ&Aに反映させたい。


山井:
申請から給付までに1~2か月かかるケースもある。同僚がうまくいった状況を踏まえて申請したいという人もいる。その意味でも締め切りを延長してほしい。大臣には、申請を委縮する労働者の気持ちも理解頂きたい。


田村厚労大臣:
すでに締め切りは延長している。同僚の状況を待つのではなく、すぐに申請してほしい。


山井:
登録型派遣の労働者も非常に困窮して不安を抱えている状況。登録型派遣でも休業支援金の対象になることを、Q&Aに明確に反映頂きたい。


田村厚労大臣:
失業給付を申請していると対象外になるが、そうでなければ要件を満たせば給付対象になる。


山井:
かつての年越し派遣村が必要になる危険性もある。申請期限を年度末の3月まで延長するとともに、大企業も対象にしてほしい。同じ仕事でも対象になるかならないかが生じるのは差別とも見える。ぜひ検討してほしい。


田村厚労大臣:
大企業は雇用調整助成金で対応して頂きたい。大企業の責任だ。


山井:
困窮し不安を抱え命の危機に瀕しているのは労働者だ。最大限の対応をお願いしたい。


お知らせ


コロナで困窮するひとり親世帯を支援する法案を提出 (2020年11月16日)


今朝は松井山手駅で駅立ち。チラシを受け取って下さった方から『頑張ってや!頼むで!』と声をかけられ、胸が熱くなりました。
北川たかし府議は、『東京以上に大阪で感染が拡大。京都府も、医療体制の整備、感染者への誹謗中傷の防止に取り組む』とスピーチされました。
午後は、第3波の拡大防止のため、国会でコロナ感染拡大防止の会議。

 法案提出

低所得のひとり親家庭へ、年内に2回目の臨時特別給付金の支給を促すための「ひとり親家庭給付金の年内2回目支給法案」を議員立法として衆議院に提出しました。
ひとり親世帯の多くは、コロナによって、厳しい生活を強いられています。
政府は、第2次補正予算により、8月に低所得のひとり親世帯への臨時特別給付金を支給しました。
しかし「認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ」が9月に行ったアンケート調査では、シングルマザーの約6割が収入減、約1割が収入がない、ほか、1日2食など深刻な状況が明らかになりました。
ひとり親は、多くが非正規雇用で働いておられ、雇止めにあったり休業手当が出ないなど、コロナの影響を最も受けているのが、ひとり親世帯です。
一方、政府は、GoToトラベルを実施していますが、ひとり親世帯には無縁であり、このままでは年を越せないという悲鳴が聞こえてきます。

 法案提出後に会見

菅総理は、去る10月26日の所信表明演説で、「ひとり親家庭への支援など、子どもの貧困対策に社会全体で取り組みます」と明言しており、この要望は菅総理の考えとも一致します。
ついては、予備費を活用し、年内に再度、低所得のひとり親世帯へ臨時特別給付金を支給すべきでありそのことを法律案という形で衆議院に提出しました。
また、ひとり親世帯以外の子どものいる住民税非課税世帯等に対しても、近い将来、同様の経済的な支援を実施すべきであることも盛り込んでいます。
与党内にも、同様の問題意識は多くの議員がもっています。
この議員立法と共に、国会質問でも強く要望し、命の瀬戸際に立っておられる多くのひとり親家庭を支援できるよう、与党にも協力を呼び掛けて本法律案を成立させるため頑張ります。



晩の会合の帰り。
寒かったので、ついつい天下一品の赤坂店に立ち寄ってしまいました。
びっくりしたのは、こってりラーメンに、納豆、キムチ入りがあるのです。
こってりラーメンに、納豆が合うのか?
味は想像にお任せします。
健康に良い、ヘルシーなラーメンです。