活動報告

Activities

山井の活動

<洛南タイムスより> 安保法成立直後 山井議員・囲む会で国政報告

安保法案は成立したが、参議院選挙で自民党が負ければ安保廃止法案を参議院で審議し、可決できる。そうすれば、衆議院で安保廃止法案が審議される。衆議院では自民党が多数だが、世論の後押しがあれば、簡単に自民党も衆議院で安保廃止法案を廃案にはできない。そのうちに衆議院解散になり、自民党が負ければ、衆議院でも安保廃止法案が可決、成立する。再び戦争できない日本に戻せる。要は、国民の選挙での1票で、安保廃止法案を成立させることができる。

<城南新報より> 戦争参加は政治の最大の失敗 再政権交代へ 山井議員・国政報告

今回の安保法案成立の救いは、それが憲法改正でないこと。だから、政権が変わり、新しい総理大臣が安保法案を廃止すると判断し、安保廃止法案を成立させたら、安保法案は廃止にできる。そのためには、まず来年7月の参議院選挙で民主党や野党が勝ち、参議院でまず安保廃止法案を可決し、その後の衆議院解散で民主党や野党が勝ち、安保廃止法案を衆議院でも可決、成立させる。大変な取り組みではあるが、平和を願う国民の賢明な判断があれば、十分に実現可能。民意に反する総理大臣の暴走は、選挙でひっくり返す。これが民主主義、平和主義の日本のあるべき姿です。