山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

2019- やまのい和則提出 質問主意書一覧 

18、毎月勤労統計調査における共通事業所の実質賃金算出方法等に関する
20190322質問主意書(109)
20190402答弁書(109)

17、幼児教育無償化と待機児童解消の政府の取組の整合性等に関する
20190322質問主意書(108)
20190402答弁書(108)

16、GDP推計の結果を左右する「その他」要因の分析等に関する
20190320質問主意書(106)
20190329答弁書(106)

15、毎月勤労統計調査における遡及改訂の意義と断層の評価等に関する
20190308質問主意書(86)
20190319答弁書(86)

14、毎月勤労統計調査における遡及改訂や共通事業所の賃金変化率の実質化の必要性等に関する
20190306質問主意書(80)
20190315答弁書(80)

13、毎月勤労統計調査におけるベンチマーク更新に伴うギャップ補正の必要性等に関する再
20190306質問主意書(79)
20190315答弁書(79)

12、毎月勤労統計調査におけるベンチマーク更新に伴うギャップの事前検証等に関する
20190301質問主意書(69)
20190312答弁書(69)

11、毎月勤労統計調査におけるベンチマーク更新に伴うギャップ補正の必要性等に関する
20190220質問主意書(54)
20190301答弁書(54)

10、毎月勤労統計調査における賃金変化率として検証すべき名目賃金と実質賃金の変化率等に関する
20190208質問主意書(35)
20190219答弁書(35)

9、新たな介護人材の処遇改善メニューの円滑な活用促進に関する
20190208質問主意書(34)
20190219答弁書(34)

8、介護現場が活用しやすく介護人材確保に資する処遇改善の実現に関する
20190206質問主意書(24)
20190215答弁書(24)

7、毎月勤労統計調査における国民生活の実態を表す共通事業所系列の実質賃金等に関する
20190206質問主意書(23)
20190215答弁書(23)

6、毎月勤労統計調査の不正調査による追加給付の完了時期に関する
20190206質問主意書(22)
20190215答弁書(22)

5、毎月勤労統計調査で賃金変化率の把握等のために重視すべきデータに対する政府の認識に関する
20190201質問主意書(17)
20190212答弁書(17)

4、毎月勤労統計調査の不正調査による追加給付の延べ人数のカウント方法に関する
20190201質問主意書(16)
20190212答弁書(16)

3、毎月勤労統計調査で賃金の変化率の把握に用いるべきデータに関する
20190130質問主意書(14)
20190208答弁書(14)

2、毎月勤労統計調査のデータの不正や偽装に対する政府の認識に関する
20190130質問主意書(13)
20190208答弁書(13)

1、毎月勤労統計調査の不正調査による追加給付の具体的な対応に関する
20190130質問主意書(12)
20190208答弁書(12)


4月7日 統一地方選挙 投票しよう!!

私の地元の京都府議会議員候補者を紹介します。
これまで活動を共にしてきた大切な同志です。
ご支援賜りますよう、宜しくお願い致します。


ー酒井つねお (城陽市)ー
すべての世代に豊かさを!
同志社大商学部卒
元府警察官、元衆議院議員秘書



ー田中みきこ (宇治市・久世郡)ー
つながる、ひろがる、明日への夢!
池坊短期大学家政学部卒
結婚・出産後、子育てをしながら派遣社員及び契約社員として勤務
槇島中学校PTA会長



ー北川たかし (京田辺市・綴喜郡)ー
笑顔でイキイキと暮らせる地域に!
神戸大学大学院博士課程前期修了
人材育成コンサルティング会社立ち上げ、現在NPO法人幸せイキイキ子ども教育研究所副代表理事



ー山本あつし (木津川市・相楽郡)ー
市役所勤務27年
「困っている人を見ると黙っていられない!」無私で住民に尽くす。


山城青谷駅 バリアフリー化 (2019年4月4日)


おはようございます!晴れです。近所の桜もきれいです。ただ、寒いです。このあと、朝の駅立ちです。4月なのに寒いですね。どうか風邪を引かれませんように。皆様の今日1日のご多幸をお祈りします。
 酒井つねお 京都府議会議員候補
今朝は山城青谷駅で酒井常雄さんと活動。地元の畑中完仁市会議員やボランティアの方々も応援参加。私も全力でお手伝いしましたが、酒井さんと畑中議員の力で、この青谷駅の高架化、バリアフリー化が決定しました。畑中さんは私の兄のような存在で、大変尊敬しています。


やまのい和則「国会質問」 報告 (2019年4月3日)

根本厚労大臣に、介護職員、障害福祉職員の処遇改善について質問。今年10月から月給が平均数千円アップする見込み。今回初めて、事業所の裁量により、介護職員以外の一般の職員の処遇改善にも予算を使うことが可能になりました。これは、私が国会で何度も要望してきたことですが、処遇改善の額な少なすぎて、これでは人手不足は解消できません。更なる大幅な処遇改善を根本大臣に求めました。

~介護職員、障害福祉職員の処遇改善を厚労大臣に要望~

山井
「10月から2000億円の財源で介護職員の処遇改善が行われる予定だ。障害福祉職員の処遇改善も同様だと聞いている。今回の処遇改善では、介護施設で働く、介護職員以外の職員の処遇改善も、事業所の判断で行えるようになるのか。また、介護職員と同様に障害福祉職員の処遇改善も行われ、障害福祉職員も同様に一般職員の処遇改善も可能になるのか」

根本大臣
「リーダー級の介護職員の処遇改善を主眼としているが、その趣旨を損なわない範囲で、その他の職員の処遇改善を行うこともできる。障害福祉職員も同様に処遇改善を行い、その他の職員の処遇改善を行うことができる」

山井
「介護職員だけでなく、介護職員以外の職員の処遇改善は、私が何度も国会で要望してきたものであり、実現したのは良かった。しかし、まだまだ今回の処遇改善では不十分なので、更なる処遇改善に取り組むべきだ」

山井
「昨年末に行った、失踪した外国人技能実習生から状況を聞き取った聴取票を、野党議員が書き取った際には、2800件のうち、7割が最低賃金割れだった。今回の法務省調査では、5000件のうち58件しか最低賃金割れが見つからなかった。法務省は、雇い主の賃金台帳を確認したというが、賃金台帳は最低賃金以上になっているのは当たり前だ。全く不十分な調査だ。技能実習生への聞き取りもほとんどしていない。厚生労働省が、直接、実習生本人と連絡をとり、調査して、賃金未払いの技能実習生を救済すべきではないか」

根本大臣
「聴取票は法務省が作り、今回、法務省が事実関係を調査した。法務省の調査を踏まえて、疑いがあるものを、労働局に通報してもらうのが筋だ」

山井
「それでは全くの無法地帯だ。実習生本人には意見聴取せず、全く最低賃金割れが調査できていない。根本大臣は、昨年の国会では、帰国した実習生にも未払い賃金を払う、私に答弁したのに、法務省任せで、厚労省は調査も行わない。これでは、外国人に安心して働いでもらうこともできない。外国人差別だ。失踪した実習生の最近の聴取票の公表し、違法な労働条件を外部からチェックできるようにすべきだ」

20190403やまのい和則_厚労委資料


投票に行こう!!  (2019年4月3日)

田中みきこ 京都府議会議員候補

今川みや市会議員が主催の田中美貴子さんの演説会(西小倉コミセン)は大盛況!選挙戦も残すは3日。美貴子さんは元気一杯。市会議員4期16年(うち市議会議長2年)、府議会議員1期4年。人生を賭けて宇治、久御山の為に尽くしてこられた美貴子さんを宜しくお願いします

山本あつし 京都府議会議員候補

山本あつしさんの演説会。4期16年間、木津川市、相楽郡のために人生を賭けてご尽力下さった松岡保府会議員から、山本さんへの支援依頼の熱い演説。私も『松岡保府会議員の大切な議席を山本さんに守らせて頂きたい!』と応援演説。山本さんは『生まれ育った地元にご恩返しさせて頂きたい!』と必死のお願い。


貧困・虐待の連鎖  (2019年4月2日)


『虐待、世代超え連鎖。加害親の7割、幼少期に被害』(東京新聞、3月31日)。学生時代にボランティアをしていた児童福祉施設で、私は児童虐待、非行など、崩壊家庭の多くの子どもたちと出会いました。『親が悪い!』と私は思いました。しかし、ボランティア活動を続けて数年経ったある日、施設の職員さんがボソッと私に言いました。『実は、子どもが貧困や虐待で苦しむ崩壊家庭の多くの親自身も貧困家庭や虐待の中で育ったのです』。私はこの話を聞いてショックを受けました。虐待や貧困、家庭崩壊の加害者だと私が思っていた親も、実は、虐待や貧困家庭の被害者だったのか?ということは、その親の親、つまり、おじいさんとおばあさんが悪いのか?結局、誰が悪いのか?結論は『貧困の連鎖』、『虐待の連鎖』でした。そして、施設の職員さんは言いました。『この施設を出た子どもたちも、大人になってから、家庭を崩壊させ、貧困家庭になり、その子どもがまた、この施設に来るかもしれない。貧困や虐待は連鎖するのです。何とかそれを防がねば』と。私はこの話を聞き、『誰が悪い』という犯人探しよりも、この『貧困の連鎖』『虐待の連鎖』を断ち切らねばならない!その連鎖を断ち切るのは政治の責任ではないか。福祉施設職員の頑張りだけでは解決できない。自己責任!と、親や子どもを批判するだけでは、『貧困の連鎖』『虐待の連鎖』は断ち切れない!と強く感じました。この児童福祉施設でボランティアをしてから、すでに約40年が経ちます。約40年間、私は人生を賭けて、ライフワークとして子どもの貧困問題の解決に取り組んできました。議員立法『子どもの貧困対策法』を成立させたりしましたが、まだまだ力不足です。『虐待の連鎖』『貧困の連鎖』を断ち切るために戦い続けます。この東京新聞の記事を読んで、ふと、私の原点を思い出しました。
 田中みきこ 京都府議会議員候補
京阪木幡駅で、田中美貴子さんと朝のご挨拶と街頭演説。地元の松峯茂市会議員、今川みや議員、西川友康議員と私が応援に駆けつけました。今日も風が冷たく、寒かったですが、美貴子さんは元気一杯。小さな美貴子さんですが、パワーは私たち以上にあります。

久御山町で美貴子さんの演説会。美貴子さんは久御山高校教育後援会長も務め久御山町に強い思い入れを持っておられます。昨年の台風でのビニールハウス被害の際も現地に駆けつけ、京都府からの補修の補助金を獲得。松尾憲町会議員の心のこもった応援演説。

市会議員の服部正さん主催の『田中美貴子さん個人演説会』で応援演説しました。寒い中、冷たい風を連日、選挙カーで受けて、真っ赤な顔をされた美貴子さんが登場。頑張る美貴子さんの姿に感動。白川や中宇治地域で頑張る服部正さんのスピーチにも感動。道路整備や宇治茶や観光の振興のためには、美貴子さんと服部さんのコンビの当選が必要です。
 酒井つねお 京都府議会議員候補
酒井常雄さんの座談会は盛り上がりました!市民の方々から多くの要望や質問が飛び出し、中身の濃い集会でした。1つ1つの質問や要望に丁寧に答えられる酒井さんに、酒井さんの誠実な人柄がにじみ出ました。『安心できない選挙なので、ぜひ、ご支援をお願いします!』と、私からもお願いしました。


やまのい和則 「国会質問」のお知らせ  


日 時: 4月3日(水)13時40分~14時20分(40分間)
衆議院厚生労働委員会において、根本匠厚生労働大臣に質問します。
テレビ中継はありませんが、インターネットで配信されますので、ぜひご覧ください。


外国人労働者の受け入れ 社会の責任 (2019年4月2日)


昨年末、私たちが国会で明らかにした失踪技能実習生の問題。5000人くらいに最低賃金割れの労働基準法違反の疑いがあり、法務省が3ヶ月かけて調査。先日、発表された調査結果にビックリ!最低賃金割れの疑いはたった58人、100分の1に減少。理由は、外国人実習生本人にはヒアリングしていないから。『法務省は、本気で調査していない!』と、外国人労働者を支援する団体の方々が怒るのも当然です。外国人も日本人と同様に、労働基準法で守るべきです。

休憩時間に宇治田原で頂いた地元のお茶。美味しかった!疲れがとれました!


『高度プロフェッショナル制度』が施行 (2019年4月1日)

  <<質問状
今日4月1日から『過労死促進制度』『残業代ゼロ制度』と恐れられる『高度プロフェッショナル制度』が施行。そこで『いくつの会社で、何人が、高プロ制度の適用になったか?』と厚労省に文書質問(添付)しましたが『高プロ制度の導入状況については、制度の運用が開始されたばかりなので把握しておらず、公表時期は未定』との回答。過労死が出る恐ろしい制度と心配されてるのに『現状把握してない』は、無責任です。実施状況を早急に把握、公表させ、過労死を一人も出さないように取り組みます!
  <<回答


あつい思い  (2019年3月31日)

 酒井つねお 京都府議会議員候補
相原佳代子さんの事務所開き(南部コミセン向かい)。酒井常雄さんと私でお伺いしました。前回トップ当選で、市議会議長も務められ、大活躍の相原さんの事務所開きは超満員。酒井さんは『京都府と城陽市、私と相原さんが連携し、住み良い城陽をつくりたい!』と決意表明。
 北川たかし 京都府議会議員候補

今朝は北川たかしさんと京田辺を選挙カーで回り、『いす1グランプリ10周年大会』に参加。北川さんの息子さん諒(りょう)君と記念撮影。ラグビー選手であった北川さんの背中を見て、諒君(小3)もラグビースクールに通っておられます。素敵なラガーマン親子です。宇治田原町と井手町での北川たかしさんの演説会。私も応援演説をしました。多くの方々にご参加頂き感激です。前回75票差で当選した危機感から、北川さんはこの4年間、地元の道路や河川、お茶振興や家庭教育支援などを府議会で取り上げ、必死に取り組んでこられました。

 田中みきこ 京都府議会議員候補

田中美貴子さんと宇治橋通り商店街を練り歩き、街頭演説。支持者やボランティアの方々のみならず、美貴子さんの二人の娘さん、お孫さんも一緒に練り歩きました。イメージカラーは黄色。太陽のように、明るく、温かく、熱いのが美貴子さんです。

岡本里美市会議員が主催の田中美貴子さんの個人演説会に参加。美貴子さんは、西脇知事の激励を事務所で受けた後、演説会に出席。美貴子さんは『子育て環境日本一』が公約の西脇知事と二人三脚で、子育て支援の充実に取り組みます。岡本里美さんは、舩川元宇治市消防団長の実の娘さん。婦人消防団に所属し、防火、防災、消防団の支援に力を入れておられます。子育て、介護や家事と議員活動を両立されている美貴子さん、岡本里美さんには、頭が下がります。

 山本あつし 京都府議会議員候補

和束町で山本あつしさんと演説。山本あつしと私は『新名神高速道路が京都府南部で全線開通する5年後(2024年度)までには、宇治田原町と和束を結ぶ犬打峠トンネルを開通させたい!』と決意表明。犬打峠トンネル開通のため私も議員になって20年間、全力で取り組んでいます。