山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

苦しむのは残された遺族 (2018年5月16日)

5月16日  産経ニュース “裁量労働の28歳男性社員、過労死認定”
5月16日  TBS NEWS  “過労死遺族らが「高プロ」削除を訴え”
5月16日  日テレNEWS24 “高プロ制度で過労死が増える”
5月16日  毎日新聞    “高プロ導入、法案から削除を”

働き方法案の目玉として、安倍政権が拡大しようとしている裁量労働制で、過労死された方がお2人いらっしゃることが新たに発覚しました。
専門業務型裁量労働制の適用を受けていた、28歳のIT会社勤務の方。
もう一人は『管理監督者』という管理職だった、50代のテレビ局プロデューサーの方です。

スーパー裁量労働制 と言われる『高度プロフェッショナル制度』について加藤厚労大臣は、『月の健康管理時間(残業に近い時間)が、200時間を越えても合法』と答弁。

労働時間規制がない、この裁量労働制よりはるかに過労死リスクが高い『高プロ』を、政府は来週にも強行採決しようとしています。
このまま、この危険な『高プロ』を含む働き方法案が強行採決されたら、過労死は激増します。

今日も、過労死のご遺族の方々が国会にお見えになり、悲痛な訴えをされました。
『(高プロ制度が導入されたら)過労死しても労災認定されず、自己責任にされる』
『死人を増やす高プロ制度は止めてほしい』
『これ以上、苦しむ遺族を増やさないで!』

日本を過労死大国にしてはなりません。
死者が続出する過労死合法化法案=『働き方法案』の強行採決をなんとしても阻止したい!


調査といえない (2018年5月15日)

久しぶりに夕食に、フライドチキン。
さすがに、カロリー高いです。

今の労働基準法では、深夜残業には、残業代の支払いが必要。
しかし働き方法案の目玉『高度プロフェッショナル』(残業代ゼロ制度)は残業代ゼロでの深夜労働や徹夜労働が合法化されます。
過労死しても労働災害にも認定されません。
過労死が激増します。
この件について、明日5月16日(水)3時10分から3時40分まで、厚労委員会で、加藤大臣に質問します。

2月に私たちが大量の誤りを発見し、指摘した『厚労省の労働時間調査』の結果が発表されました。
やはり、約2割の2500事業所のデータの間違いが発覚。
この調査は、働き方法案の元のデータです。
2割も間違ってるなんて、厚労省の調査は滅茶苦茶です。


働き方改革法案 成立不要68% (2018年5月14日)

国会食堂で、働き方改革法案について打ち合わせをしながら、ラーメン、納豆、サラダ。

『働き方改革法案、今国会での成立不要68%、成立必要20%』(今朝の東京新聞)
残業代がゼロになり、長時間労働や過労死が増える『高度プロフェッショナル(残業代ゼロ制度)』が、法案の目玉であることに不安を感じる国民が増えています。
強行採決を阻止せねば。


約束は海を越えて (2018年5月14日)

晩遅く『タクシー運転手 約束は海を越えて』の映画を観ました。
1980年、韓国現代史上最大の悲劇となった光州事件。
軍の戦車や機関銃による弾圧により、多数の市民が死亡。
その惨劇を唯一世界に報道し、解決に導いたドイツ記者とタクシー運転手の実話。
誰がが戦わなければ、国民の命を守れないと痛感しました。


城陽東部コミセン祭り (2018年5月13日)

酒井常雄府議と城陽東部コミセン祭りに行きました。
出会った方々から、
『柳瀬元秘書官の答弁はウソばかり』
『子どもの教育上も悪い』
『子どもがウソつきになる』
『ひどすぎる。何とかして!』など、多くのお叱りを頂きました。


日本緑茶の祖 (2018年5月13日)

新設された『宇治田原町お茶の京都交流施設』で、地元の水出し玉露を頂きました。
薄い透明感のある色ですが、味は濃く、うま味は十分。
感動の一服です。

宇治田原町にある『日本緑茶の祖、永谷宗圓』の生家で、新茶を頂きました。
美しいグリーン。
胸に染みる美味しさでした。


優作、色の世界  (2018年5月12日)

『優作、色の世界』の展示会に行きました。
優作さんは『宇治川福祉の園』に通いながら、色鮮やかなローラー画を描かれます。
『優作』という名の通り、『優しく作られた』美しい作品に感動しました。


パラ、パワーリフティングチャレンジカップ京都大会(2018年5月12日)

パラ、パワーリフティングチャレンジカップ京都大会(サンアビィリティーズ城陽にて)に行きました。。
下肢に障害のある選手の重量上げ競技です。
パラリンピックの競技としても重要なパワーリフティングです。

ホームヘルパーの方々と懇談会をしました。
政府により介護報酬(予算)がカットされ、介護事業所の経営が苦しい、ホームヘルパーの給料が上がらない、森友や加計より介護を優遇して欲しいなど、切実な声をお聞きし、政治の責任を痛感しました。


淀川、木津川水防事務組合の防災訓練(2018年5月12日)

今日は朝から淀川、木津川水防事務組合の防災訓練。
火災や水害から住民を守るために活動して下さる消防団の皆様には頭が下がります。
私も以前、消防団員でしたので、団員としてこの訓練に参加させて頂いたことがあります。


合間  (2018年5月10日)

委員会質問と会議の合間に時間がなく、5分で食事。
国会食堂から、出前のハンバーグ目玉焼き定食。