山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

けいはんな学研都市の新春交歓会 (2018年1月14日)

関西経済活性化の起爆剤である国家的プロジェクト。
私も大学時代には、大学院でバイオの研究をしており、学研都市での最先端の研究に期待しています。
私も議員になり18年。ますます学研都市の活性化に取り組みます。


裁量労働制の拡大 (2018年1月13日)

「改憲、働き方論戦へ。通常国会」(今朝の京都新聞)。
ある女性経営者は「働き方改革の柱である『裁量労働制の拡大』は、残業規制の緩和、長時間労働につながるので、子育て中の女性社員や男性社員に適用されたら、保育園の迎えが無理になるケースが増える。
子育てを阻害する働き方改革は問題」と批判。
長時間労働を助長し、子育てを阻害する働き方改革は問題です。


新年行事の合間 (2018年1月11日)

新年行事の合間にポスターの貼り替え。

今日は寒かった。
訪問先で美味しいお茶を飲ませて頂き、心が温まりました。

私の事務所(国道24号線沿い、城陽イズミヤ斜め向かい)の裏の「紅屋」(天然温泉、源氏の湯の食堂)で、今年初のラーメン。
寒くなるとラーメンは格別に美味しいです。


クロスピア久御山 (2018年1月10日)

クロスピア久御山で、焼きたての塩パンを食べながら打合せ。
ここの塩パンは名物で美味しいです。
久御山の新鮮な野菜も買いました。


京都社会保険労務士会の新春交歓会 (2018年1月10日)

社労士の先生方には、消えた年金の被害者救済の際に大変ご尽力を頂き、平均1人100万円、200万人、合計2兆円の年金が復活。
社労士の先生方は、労働者の労働条件と健康を守る専門家でもあります。


宇治田原町の新春の集い (2018年1月10日)

緑茶発祥の地、宇治田原。
7年後、新名神が全線開通すれば、ますます多くの観光客が宇治田原をはじめ京都南部にお越しになります。
美味しい宇治茶は、日本人の幸せと癒しのよりどころです。


京田辺市商工会の新春交歓会 (2018年1月10日)

商工業が発展し、子どもたちも増える京田辺市。
中小企業応援隊や中小企業売り込み隊により、活性化に取り組む京田辺市商工会。
待機児童も市政の課題。
京田辺市は、玉露の本場です。


深みのある美味しさ (2018年1月9日)

新年の挨拶回りの中、地元の玉露を頂きました。
甘さと深みのある美味しさで、疲れがとれる絶品です。

多くの新年行事を回る合間に車中で昼食。
連日の定番。
コンビニのサンドイッチとおにぎり。


久御山町新春の集い (2018年1月9日)

中小の製造業が多くあり流通の拠点としても発展し、京野菜の農業も盛んな久御山町。
地域の方々のご意見や要望をお聞きしました。

明日は、京田辺市と宇治田原町の新春の集いです。


精華町出身の村田諒太選手 (2018年1月8日)

地元廣学館高校(精華町)出身の村田諒太選手、ミドル級プロボクシング世界チャンピオンを囲む新年会に出席。
村田選手の戦う姿に改めて感動。
今年の初防衛戦、ぜひ勝利して頂きたいです。