山井和則 衆議院議員(京都6区6期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

天皇陛下の退位   (2017年3月18日)

『事実上、生前退位の恒久化につながる特例法がまとまったことは喜ばしい』
「天皇陛下の退位に関する特例法」の国会見解がまとまり、京都新聞に私のコメントが出ました。
20170318京都新聞 3月18日 京都新聞
与野党が円満にまとまり、生前退位の特例法が成立するように、私も国会対策委員長として頑張ります。


聖徳太子が消える? (2017年3月17日)

今朝の日経新聞の記者手帳「『聖徳太子』が消える?」は、私へのインタビュー記事。
中学校の教科書から『聖徳太子』を消す検討を文部科学省がしていて、私がそのことと安倍総理を批判しています。
20170317日本経済新聞 3月17日 日本経済新聞


証人喚問  (2017年3月16日)

朝からずっと森友学園問題の対応。
わが党の福山参議院議員と今井議員が今日、籠池理事長に会って話を聞きました。
籠池理事長は『国会で発言したい』と表明。
23日(木)に森友学園の籠池理事長の証人喚問が決まりました。
1週間以上、繰り返し、与党に要求を続けてきました。
真相究明のために頑張ります。
3月16日 NHK NEWS WEB >> 

20170316証人喚問


待ったなし  (2017年3月13日)

月曜の朝、地元のお抹茶を頂き、1週間がスタート。
今日も予算委員会(NHK生中継)で、わが党の小川敏夫議員、川合孝則議員、小西議員が、南スーダンPKO撤退、森友学園問題などを質問。籠池理事長の参考人招致を求め、今日も与党と強く交渉します。
20170313チャージ
『特別養護老人ホーム1割に空きベッド。職員不足など体制整わず。民間調査』(毎日新聞、3月12日)の記事。
多くの待機者がいるのに、介護職員不足で、1割のベッドが空いている。
介護職員の処遇改善が待った無しです。


みんなで見る夢は現実です (2017年3月12日)

党大会のため、早朝の新幹線で東京へ。
民進党大会での、蓮舫代表の力強いスピーチ。
「教育無償化法案による子どもの貧困対策の充実、若者の未来への投資。原発ゼロ基本法案の策定。女性の社会参加と政治参加の推進。一人で見る夢は夢でしかない。しかし、みんなで見る夢は現実です」(オノ・ヨーコ)という、蓮舫代表の言葉が印象に残りました。
20170312民進党大会

民進党大会で、井手英策教授の心に響く感動的な演説。
「今の日本は、格差放置社会。子どもの貧困の拡大、格差の拡大を放置する現状を改革する必要がある。自己責任だけでは、今の日本は立て直せない。分かち合い、助け合いが必要です」

20170312党大会 しっかり受け止めて取り組まねばと痛感

夕方の泉議員の集会に京都に戻り、再びサンドイッチ夕食を食べながら東京へ。
森友学園問題の幕引きは許しません!
明日から再び、籠池理事長の参考人招致を強く与党と交渉します。

20170312新幹線


熱い思いを  (2017年3月12日)

泉ケンタさんの春の集い。大盛況!
京都から日本の政治を変えたい!という熱い思いをお聞きしました。
泉さんは、私が20年前、立命館大学で高齢者福祉を教えていた際に、私の授業を受けて下さり、私の最初の選挙を手伝って頂いて以来の、尊敬する同志です。
20170312泉ケンタさん春の集い

泉ケンタさんの春の集いで、井手英策教授の講演。わかりやすく、素晴らしい講演でした。
『困っている人を助けよう』という政治でなく、『みんなが受益者になる』政治に。
『お互いの国民が家族のように助け合う』政治を。
『痛みを分かち合い、喜びを分かち合う』政治を。
『格差が小さな社会ほど、経済成長し、税収も増え、財政も健全化する。育児、保育、介護の負担と不安の軽減』政治を。


東日本大震災から6年  (2017年3月11日)

東日本大震災から6年。
お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げ、避難されている方々にお見舞い申し上げます。
6年前の震災当日には、私は国会対策副委員長でしたが、当日から1週間、更なる震災や緊急事態に備えるため、国会の国会対策室の床に寝泊まりし、復興支援法を成立させるための与野党折衝に取り組みました。
あれから6年が経ちましたが、復興はまだ道なかばです。
復興の加速のために頑張ります。


南スーダンPKOの撤収 (2017年3月11日)

南スーダンPKOについては、治安の悪化、戦闘の発生などにより、自衛隊員の命を守るためにも、わが党は強く、予算委員会で撤収を主張してきました。
私たちの強い要望を受けて、政府も遅まきながら撤収を決定。
20170311駅頭 JR宇治駅前で、田中美貴子府議と街頭演説
地元の大久保駐屯地の部隊も南スーダンに派遣される予定でしたが、それがなくなり、ほっとしました。
しかし、なぜ撤収決定がここまで遅れたのか?など、解明すべき問題は多々あります。
しっかり国会で審議します。

20170311宇治駅で
昼食は、田中美貴子府議と共に、JR宇治駅前でチャンポンを食べました。
その後、一緒に街頭演説。南スーダンPKO撤収や森友学園問題について演説しました。


真相究明  (2017年3月10日)

「森友学園問題、しっかり真相究明すべき」
「8億円もの値引きはおかしい」
「国有地の払い下げは、そんないい加減なのか」など、地元でも怒りの声ばかりお聞きします。
『理事長らの国会招致が必要だ』(日経社説、3月10日)。籠池理事長が辞任しましたが、ますます疑惑は深まりました。このような問題が多い森友学園を、なぜ政府は破格に優遇したのか?真相究明のため、参考人招致が必要です。
20170310京都へ

最終新幹線で京都へ。
南スーダンPKO撤収や森友学園問題について取材や問合せの電話が多いため、アルコールでなく、ノンアルコールビールで一息。


自民党は拒否  (2017年3月7日)

20170308朝 朝茶は宇治茶で
森友学園の籠池理事長の参考人招致を申し入れました。
しかし、自民党は拒否。
今週中に再会談し、再度、申し入れます。
8億円もの値下げの真相や政治家の関与などについて、籠池理事長には説明責任を果たして頂く必要があります。
私は『やましいことがなければ、安倍総理と自民党は籠池理事長の参考人招致に応じるべき。国民の大多数が参考人招致を求めている』と主張しました。
新たな疑惑がどんどん明らかになっています。
なぜ森友学園が破格の優遇措置を受けたのか?
真相究明は待った無しです。
野党4党 森友学園理事長らの参考人招致要求を確認 >> 3月7日  NHK WEBニュース