山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

山井の活動

【コロナ】感染の第二波阻止と倒産防止、休業者救済のための大胆かつ迅速な財政出動を西村大臣に求める (2020年5月21日)


今日5/21の衆議院議院運営委員会で、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の区域変更(京都府、大阪府、兵庫県の解除)について、西村担当大臣に質問しました。
3分という短い時間でしたが、NHK生中継の中、倒産や廃業を防ぐため、早急かつ十分な家賃補償と、持続化給付金の複数回支給や上限額引き上げ、休業手当が出ない、アルバイトや派遣社員を救済する新たな給付金の創設を要望しました。
以下、要旨をご報告いたします。


<『見えない感染者』対策として、第二波の阻止のため、早期のPCR検査の大幅拡充と隔離を>


山井:
尾身教授は昨日、『解除になっても、見えない感染は続いている』と話した。第二波を防ぐには、早期に感染者を発見し隔離すべきだ。ついては、『37.5度以上が、4日間』という目安が削除された以上、今までのPCR検査は重症者優先という方針を転換し、高熱や倦怠感があれば、早期に診断を受け、医師が必要と判断すれば、PCR検査を早めに受けるように政府が国民に周知すべきではないか。そうしないと、見えない感染者を発見し、第二波を防げないのではないか。


西村大臣:
ご指摘の通りだ。確実かつ迅速に検査を受けられるよう、補正予算でも体制整備を図っている。各地の医師会などのご協力でPCR検査センターの整備も進んでいるが、全力で充実していきたい。


<倒産防止、休業社員救済のための持続化給付金の大幅拡充と新しい給付金の創設を>


山井:
倒産を防ぐため、家賃の相場や店舗数に応じた家賃補償を早急に実施すべきではないか。また、持続化給付金は、必要に応じて複数回支給を可能にし、支給上限額引き上げを行うべきではないか。さらに、休業手当、失業手当、持続化給付金が出ないアルバイト、派遣社員、雑所得や給与所得のフリーランスを救済するため、新たな給付金制度の創設や持続化給付金の対象拡大、要件緩和が必要ではないか。一次補正は野党の組み替え要求を政府が拒否した結果、全く不十分で後手後手になった。二次補正は、野党の要望を取り入れ大規模にすべきではないか。


西村大臣:
まずは一次補正予算の迅速な給付に全力を挙げる。二次補正予算では家賃補償についても検討している。さらに、被雇用者の側から直接、休業補償を請求できる仕組みも検討している。持続化給付金については、雑所得の減少も対象となる仕組みを検討している。一次補正で足らないところは二次補正で対応するなど、全力で生活を守りたい。


山井:
大規模な二次補正予算を迅速に実行してほしい。


お知らせ


【コロナ】休業手当や持続化給付金が出ない方への救済 (2020年5月20日)


コロナ不況で、仕事が休みになっても、休業手当が出ない方々がいます。
具体的には、アルバイト、派遣社員、雑所得や給与所得のフリーランスの方々です。
こうした休業手当や持続化給付金がほとんど出ない方々へ、何とか支援ができないか、と、厚労省に要望しています。
『休業手当や減収補償なき失業』を何とか防がねばなりません。


【コロナ】雇用調整助成金 ネット申請  (2020年5月20日)

 5/20 朝日新聞


一歩前進!
5月15日(金)に、私が加藤厚労大臣に国会質問で要望した『雇用調整助成金の前払い』が可能に。
休業手当を払いたいが、手持ち資金が払えず、倒産や廃業になるケースがありましたが、今回、前払いが可能になったので、倒産や廃業を防ぐ一助になります。
ただ、雇用調整助成金は、手続きが煩雑で時間がかかり、問題だらけ。
私たちも連日、強く改善を求めています。


【コロナ】アルバイト学生への支援 (2020年5月19日)


コロナ『国の持続化給付金。地元に申請サポート会場』
『宇治21日、城陽24日に開設。予約必要、土日も対応。中小200万円、個人100万円』
パソコンを使わない方々などのために開設。
予約は、専用サイトのWEB予約か、電話0570-077-866まで。
(5月19日、洛タイ新報より)


アルバイトが減った学生さんへの給付金支給を、政府が決定しました。
今日の政府決定は喜ばしいです。
ただ、政府案は、私たちの提案に比べ、対象人数が少なく、給付金の額も少ないので、学生さんから不満が出る可能性が大です。
政府案は予算530億円、野党の提案は予算2,000億円です。


【コロナ】妊婦の不安解消  (2020年5月19日)


吉報!
『出産時PCR検査、補助。妊婦の不安解消。希望者のみ対象』(今朝の読売新聞)
この件、京都府は既に独自の補助をしています。
私は、1か月前から要望していましたが、『検討中』と厚労省は先送りを続けていました。
さすがに今月15日の国会質問前日に『まだ明日の国会答弁で、『検討中』と逃げるなら、『加藤厚労大臣は、大臣辞めるべき!現場の産婦人科がコロナと必死に戦ってるのに、検査の公費負担すらしないのか!』と言わせて頂きますと、厚労省担当者に伝えました。
そして、そこまで強く言って、やっと実現。
1か月、公費負担が遅れたので、今までのPCR検査もさかのぼり、公費負担するように加藤大臣にも要望しました。
それにしても、『妊婦さんのPCR検査を公費負担に!』という当たり前のことも、1か月間、必死で交渉し、厳しく国会質問しないと実現しないのは、理解に苦しみます。
厚労省担当者は必死で頑張っています。


【コロナ】フリーランス(雑所得)にも、持続化給付金を! (2020年5月18日)


今日も地元の方々から電話やメールで要望を頂きました。
『雑所得で申告しているフリーランスにも持続化給付金を!』
『持続化給付金が1回では、足りないので『つなぎ資金』として、複数回、支給してもらえないか?手持ち資金がなく、倒産しかかっている』との切実な声も聞きました。
持続化給付金の複数回支給は、さる15日(金)にも国会質問で強く要望しました。
頑張ります!


【コロナ】PCR検査 無症状も保険適用へ (2020年5月17日)


吉報!
『PCR検査、無症状も保険適用に。院内感染対策で』(読売1面トップ記事)
この保険適用は4月15日に京大病院や京都府立医大が厚労省に要望し、今月15日(金)には、私も加藤厚労大臣に『無症状でも医師が必要と判断したPCR検査は保険適用に!』『急いで下さい!』と強く要望。
それを受け5月15日の晩10時、厚労省が『無症状でもPCR検査は保険適用する』との通知を発行。
遡及適用されますので、今までの無症状患者へのPCR検査もさかのぼり、すべて保険適用になります。
ただ『無症状の妊婦さんへのPCR検査も保険適用か公費負担に!』と加藤厚労大臣に強く要望した件に関しては、『検討中』との答弁。
『他の患者のPCR検査が保険適用になるのに、なぜ、妊婦さんだけ保険適用も公費負担もないのか?おかしい!急ぐべき!京都府や京都市は助成金をすでに出している』と私は加藤大臣に迫りました。
近日中に、妊婦さんのPCR検査は保険適用になると思います。


【コロナ】雇用調整金 迅速支給へ  (2020年5月16日)


『ありがとう、福祉がある毎日。#福祉職にエールを。』(静岡県社会福祉協議会製作)
2分間の動画。
泣きました。

 雇用調整助成金、迅速支給


吉報!
手持ち資金が無く、休業手当を払えず倒産する企業が急増していることに鑑み、私は加藤厚労大臣に『前払い』を要望。
大臣は『休業手当の総額が決まった時点で、手当支払い前でも雇用調整助成金を支給』と答弁。
『1問の国会質問で、救える命がある。守れる暮らしがある!』が私の信念です。
皆様のご支援のおかげで、国会で仕事をさせて頂けることに感謝します。


【コロナ】親子心中をさせない  (2020年5月15日)


吉報!
なんと!今朝、コロナで困窮する低所得のひとり親家庭の児童扶養手当を倍増する『子ども支援法案』を国会提出し、加藤厚労大臣に『児童扶養手当の倍増を!』と、国会質問したら、深夜に『政府、児童扶養手当増へ。ひとり親家庭を支援』とのニュースが。
『子ども支援法案』を国会提出し、加藤厚労大臣に国会質問して良かった!
加藤大臣に『急いで下さい!今日、明日にも、親子心中が起こるかもしれない。心中事件が起こってからでは遅いんです!』と必死に懇願した甲斐がありました。


ちなみに、加藤大臣は『児童扶養手当の増額については、与野党と協議し、決まれば迅速に対応する』と私に答弁。
私も大学時代にひとり親家庭の子どもを支援する『母子生活支援施設』で6年間、ボランティアをしたことが政治を志したきっかけで、もう40年間、微力ながら、低所得家庭の子どもさんたちの支援に取り組んでいます。

「コロナ親子心中を阻止する」と会見で語る山井