山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

コロナで増加 悪質クレームをなくそう! (2020年12月3日)

2020 年 12 月 3 日


早朝、宿舎でお抹茶を点て、心を浄めました。
その後、国会近くの日枝神社に参拝。
『世界一、美味しくて、健康に良く、人を幸せにする飲み物、お茶が、さらに日本、世界に普及しますように!』と、お願いしました。
昨夜は、茶葉に氷をのせて、地元の玉露を頂きました。



国会内で開催された『悪質クレームの実態と対策の勉強会』(UAゼンセン主催)に、出席しました。
販売店の店員さんなどへの悪質なクレームがコロナにより急増し、店員さんが、精神的にも疲れ切っておられます。
その深刻な実態を学びました。
悪質クレームを根絶する対策が早急に必要です。



『お茶振興議員連盟』の設立総会をしました!
若輩、私が会長に就任。
私の淹れた地元の玉露で乾杯!『美味しい!』との歓声が巻き起こりました。
また、地元の水出し玉露も出させて頂き、『美味しい!』と大好評でした。
茶生産農家の支援、煎茶、玉露、抹茶や抹茶スイーツの振興と普及、茶道の文化の普及、お茶の健康効果の広報、お茶のコロナ予防効果の研究や調査の推進など、全国のお茶産地の議員と共に、全力で頑張ります!



今日も介護現場の方々からコロナ対策の緊急要望を頂き、相談に乗りました。
明日で国会は閉会予定ですが、私たちは、『年末まで国会を開き、コロナ対策を議論し、切れ目なく実施すべき!』と、政府に要望します。