山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

予算案にコロナウイルス対策費の大幅追加を! (2020年2月27日)

2020 年 2 月 27 日


今日、国会では、予算案の採決。
しかし、予算案には、全くコロナ対策の予算が含まれていません。
そこで私たちは、コロナ対策費を大幅に追加した『予算案の組み替え動議』を提出します。
検査や医療態勢の充実、緊急経済対策、被害への補償など、早急に必要です。

2/27 NHKニュース >> 休校要請 専門家「評価難しい」


『休校要請、コロナ専門家会議で議論してない』
このNHKニュースにあるように、『この一斉休校は、コロナウイルス対策専門誌会議でも全く議論されておらず、適切か?効果があるか?わからない。専門家抜きの政治決断による決定』と、コロナ対策会議の委員の方が証言されています。
専門家と議論してないなら、誰が誰と議論して決めたのか?
こんな重大な決断を密室の数人の議論で決めてよいのか?


私のところにも問合せや批判、不安の声が多く届いています。


 晩の会合を終え、近所の定食屋で、定番のヘルシーな夕食(のつもり)
今日は1日、新型コロナウイルスの検査を大幅に拡大させるため、議論と調整を重ねました。
私も国会質問で問題提起した以上、早急に、検査件数を拡大させる責任があります。
加藤厚労大臣も来週からのウイルス検査の保険適用を明言しました。
頑張ります。