山井和則 衆議院議員(京都6区7期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

1日1粒で医者いらず (2019年3月5日)

2019 年 3 月 5 日


城陽の梅まつりで買った青谷の『梅エキス』を食べて、健康維持。
『1日1粒で医者いらず』と言われる伝統的な健康食品、梅干し。
その梅干しを食べやすく凝縮したのが梅エキス。
がん予防、疲労回復、美肌効果などがあります。
梅の産地は、健康な方が多いため、他の自治体に比べ、医療費が少なくて済むというデータもあります。

『子どもの貧困対策』議員連盟会議を開催。
子ども貧困対策センター『あすのば』の小河光治代表から『子どもの貧困対策法』改正の要望を受けました。
2009年の民主党政権で、長妻厚労大臣、山井厚労政務官になり、政府が公表を拒んでいた『子どもの貧困率』を初めて公表。
その後、2013年に『子どもの貧困対策法』を超党派で成立させ、『子どもの貧困率』が初めて下がりました(16%から14%に)。
今年6月までに子どもの貧困対策法の改正法案を成立させ、子どもの貧困対策を更に力強く推進します!

日本を代表するエコノミストが『政府公表の賃金伸び率は、上振れし、景気判断を誤る恐れ』(東京新聞)と、勇気ある発言。
実は、日本のエコノミストのほとんどが『政府の賃金統計は、賃金伸び率が水増しされている』とわかっていますが、政権批判を控えています。

打合せをしながら、昼食の後に、納豆とプレーンヨーグルト。
健康には良いですが、同僚議員からは変な目で見られました。