山井和則 衆議院議員(京都6区6期)| やまのい和則 オフィシャルサイト

 

共謀罪 採決強行 (2017年5月19日)

2017 年 5 月 19 日

20170519-大島衆議院議長 慎重に審議すべきです
政府の共謀罪法案がテロ対策とは名ばかりで、実際にはテロ対策にならないのではないかということが、世界中の専門家からも声が上がっています。
そして審議をすればするほど「逆に一般市民が対象になる」、そして「この法案がテロ対策にならない」という問題点が明らかになっています。
そういう段階で、機械的に勝手に与党が設定した30時間に達したからといって、強行に審議を打ち切り採決、幕引きをはかるなんてことが許されて良いはずがありません。
衆議院法務委員会で行われた本日の採決について、衆議院議長に抗議。
隠ぺいせずに、国民への説明責任をしっかり果たす国会にすべきと、私は意見しました。
共謀罪”法案可決 採決無効申し入れ >> 日テレニュース 5月20日
文科省に再調査要求=「隠蔽体質」と批判 >> 時事ドットコム 5月19日